2019年4月13日(土)時点のリスク資産評価額、リスクちらつくリスクオン相場のチラリズム。

2019年4月13日(土)時点のリスク資産評価額、リスクちらつくリスクオン相場のチラリズム。

日々の値動きを気にしすぎるのは良くないことだと承知していますが、わたくし千鳥足のような投資初心者には、世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することが重要だと考えています。そのために、毎週のリスク資産評価額の推移を記録しています。

春と云えばパンチラの季節。画像は2015年の「映画 みんな!エスパーだよ!」 より。

 
 

2019年4月13日(土)時点のリスク資産評価額

2019年4月13日(土)時点のリスク資産の評価額は3651万円でした。

評価損益は前々週末比-3万円

前々週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3654万円
-3万円(-0.09%)
-3万円(-0.09%) 3651万円
±0万円 ±0万円

リスク資産の評価損益は-3万円と微減しました。

今週は新たな入金はなく、出金(生活還元)もありません。このため、リスク資産の評価額の増減はそのまま-3万円となりました。

 

日本株はふるわず、米国株とドル円が健闘と云ったところでしょうか。
ただリスクの陰に怯えながらのリスクオン、そんな印象です。

前年末比+355万円の評価損益推移

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3281万円
+352万円(+10.72%)
+370万円(+11.27%) 3651万円
+39万円 -21万円

2018年末比では、評価損益は+352万円となりました。

出金(生活還元)もしていますが、新たに資金注入もしていまして、評価額は2018年末比+370万円の3651万円です。

 

今年に入ってからの好成績は維持。
今の含み益を確定しておくべきか否かちょっと悩んでいます。

2019年4月13日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率(前々週比) 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 +0.29%
-0.09%
TOPIX -1.25%
JASDAQ -0.88%
マザーズ指数 +0.35%
東証リート指数 -0.27%
米国市場 NYダウ -0.05%
S&P500 +0.51%
NASDAQ +0.57%
ほか 上海総合 -1.78%

インデックスはまちまちの動き。

日経平均は前週に続き続騰も、TOPIX、JASDAQはダメ。マザーズ指数は下げに一服。東証リート指数は2週連続の続落。東証リート指数は2,000に届くのではないかと云う声もきこえていましたが、ここのところは利益確定売りに押されてブレーキかかっていますね。

米国市場はNYダウが反落、S&P500とNASDAQは4週目の続騰、史上最高値にもうすぐで届く勢いです。

保有日本株式の概況

保有していた日本株の32銘柄の値動きは、値下がり銘柄数が勝りました。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
32
11
21
0

が前週比+8.56%と前週の小休止を挟んで反騰。 は+4.95%と続騰4週目。

は前週比-6.61%、[8301]あおぞら銀行 は-4.01%と反落しました。 は4週続けての続落で配当利回りが5%に届きそうな勢いです。

保有米国株式の概況

保有していた米国株式の12銘柄の値動きは、おおむね騰がりました。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
12
9
3
0

[]アルトリア は前週比+3.27%と反発。[]シスコシステムズが+1.96%、[]サザンが+1.65%と騰がりました。

[]米国優先株式ETF が前週比-0.35%、[]ジョンソン&ジョンソンが-0.15%と下がっています。

昨年末の一時は米国株・ETFの大半が含み損を抱えている状態でしたが、いまやほとんどの銘柄で解消されています。ただ、このまま最高値を更新して突き抜けてゆけるのか否かはまだ分かりませんね。

今週の売買

今週は売買しませんでした。

月間の運用目標では、昨年末の賞与および先月ドル転をしてきた資金を元手に株を購入する。としているのですが、米国市場は全然押し目が無くて買いづらい。困っています。

 

FOMCの利上停止の見解も出て、米国市場は適温相場が続きそうな気配を醸しています。
でも昨年数度の下落を味わったので、そうそう楽観視もしていません。
うーん、利益確定しておくべきか、せざるべきか、株を売るタイミングってムズカシイ。
created by Rinker
¥4,112 (2019/08/24 06:31:47時点 楽天市場調べ-詳細)

2019年評価額推移カテゴリの最新記事