[7621]うかいの株主優待、3,000円券のお得感のある使い方

[7621]うかいの株主優待、3,000円券のお得感のある使い方

の株主優待は、 が運営する各店舗で利用できる3,000円相当の株主優待券が1単元で1枚、3単元で3枚頂けます。

我が家では1単元のみの保有なので、1枚だけ。この株主優待券のお得感のある使い道を考えてみます。

 
 

うかい が運営する各店舗の支払単価

[7621]うかい は和洋食の高級レストランを直営する企業です。同社が運営している主な店舗の支払単価を見てみましょう。それぞれ食べログの「予算」をもとに表を作成しています。

店舗 ランチ ディナー
うかい鳥山 6,000円 8,000円
うかい竹亭 6,000円 15,000円
とうふ屋うかい 東京芝 8,000円 15,000円
鷺沼店 8,000円 8,000円
大和田店 5,000円 6,000円
kappou ukai 六本木 15,000円 30,000円
銀座 10,000円 30,000円
うかい亭 六本木 20,000円 30,000円
銀座 15,000円 30,000円
あざみ野 15,000円 20,000円
横浜 10,000円 20,000円
八王子 15,000円 8,000円?
グリル うかい 6,000円 20,000円
ル・プーレ ブラッスリー うかい 3,000円 10,000円

食べログの「予算」はレビューを記載した方が実際に支払った額をもとに表示されているので、うかい亭の八王子店などはランチとディナーの予算が逆転していたり、その正確性に関しては少々疑問がありますが、総じて言えることは、どのお店もお高い と云うことです。

株主優待券を握りしめて訪問しても、3,000円分1枚ではあまり足しにならない のが実状であります。

株主優待券を利用するなら「ル・プーレ ブラッスリー うかい」のランチ

そんな中、株主優待券を「できるだけお得感を得ながら利用」するには、大手町にある「ル・プーレ ブラッスリーうかい」のランチがお薦めであります。

東京・大手町 「ル・プーレ ブラッスリーうかい」

同店のランチの予算は食べログによれば2,000~2,999円なので、3,000円あれば頂くことができます。

つまり、2人でランチに出掛けたら、料金の半分を株主優待券で支払うことができると云うことです。これなら3,000円の株主優待券の「お得感」がかなりありますね。

「ル・プーレ ブラッスリー うかい」のランチ

平日のランチがリーズナブル

同店は月曜~土曜の営業、いずれの日もランチの時間は大変賑わっています。土曜・祝日よりも平日のほうがお得な値段設定になっているので、時間が取れるなら、平日のランチに出掛けるほうが良いですね。

同店のHPでは、平日のランチは予約ができないかのような表記がありますが、電話で予約できます。但し12時前に入店するか13時以降の入店と云う時間制約があるのと、加えてオーダーが「ロティサリーチキンのセット」(2,500円)しか選ぶことができないと云う制約があります。

ただ、同店で最初に食べるべきメニューはやはり「ロティサリーチキン」でありますから、問題ありません。

ロティサリーチキンは旨味たっぷり、幸せになれる味

写真は「ロティサリーチキンのセット」のメイン、「ロティサリーチキン」です。

店内で焼いた鶏は、皮は脂が落ちてカリッと。

その内側の肉はナイフを入れるごとに肉汁がじゅわじゅわ沁み出す按配。

食後もしばらくは口内が鶏肉の旨味にあふれていて幸福感に満たされます。量は多すぎないので女性のランチにもちょうど良いと思います。

株主優待券を1枚使えば2人で2,000円のランチ

平日の「ロティサリーチキンのセット」のお値段は2,500円。

彼氏彼女あるいは夫婦の2人ででかけて5,000円のところ、株主優待券を1枚取り出せば2,000円で美味しいロティサリーチキンを頬張ることができます。

ひとり1,000円で頂けたことになるわけですから、美味しさにプラスしてお得感が大いに味わえますよ。

我が家では、[7621]うかい の株主優待券は、「ル・プーレ ブラッスリー うかい」で利用すると決めています。

ディナーも美味しい「ル・プーレ ブラッスリー うかい」

「ル・プーレ ブラッスリー うかい」はディナーも大変美味しく頂けます。デートで利用するのももちろんアリですが、雰囲気はわりとカジュアルなので、気の置けない仲間での会合、女子会などで利用するのも良いですね。

3時間のフリー・ドリンク付きのコースや土曜・祝日限定でワインの持ち込み可なプランもあるので場面々々で楽しい設定ができますね。

「ル・プーレ ブラッスリー うかい」は食べログから予約することができますよ。

食べログで予約する

日記カテゴリの最新記事