少額配当金の再投資の仕方と使い道。我が家のルール。

少額配当金の再投資の仕方と使い道。我が家のルール。

資産運用・投資界隈のブログをうろついていると、配当金は全て再投資して資産を最大化しよう!と云う言葉をしばしば見かけますね。

少々ストイックに過ぎるし、そもそも庶民である僕らの運用資金から得られる配当金は至極わずかなものなので、どうにも向かない気がします。そこで、資産運用で得た配当金の取り扱いについて、我が家で定めているルールをご紹介します。

 
 

使う配当金と再投資する配当金、メリハリをつける

我が家では、資産を4つのエリアに分けて考えています。

その内「インカムを得て生活に還元する」ことを目的とする「毎月配当」エリアの配当金については、生活に還元することに決めています。月に1万あったらいいな、3万あったらたまに贅沢な外食できるな、そういう思いで配当金を目当てに運用している資産なので、ゲットした配当金を使わずに再投資するだなんて目的に反するわけです。

いっぽう「毎月配当」以外のエリア(「アクティブ」「つみたて」「目的別貯蓄」)から得る配当金等のインカムは、基本的には再投資に充てることにしています。いま使う必要があるおかねではないので、使う日が来るまですくすくと育っておいてもらおうと云う意図です。

庶民が得る少額配当金、再投資のしかた

運用資産が1億・2億もあって、毎月得る配当金がモリモリあるなら、再投資も簡単ですよね。

でも我々庶民が得る配当金なんて僅かなものです。国内株を1単元(おおむね100株)買い増すには足りないし、米国株なら1株ずつ買えるけれども少額で買い集めていては手数料が嵩んでしまいます。

国内株を1単元買い増せる額、米国株で手数料負けしない額、そこに達するまで貯めて耐える、それしか無いのでしょうか。

投資信託もしくはETFに再投資して貯める

貯めて耐えるにしても、証券口座の余力、あるいは銀行の預金として貯めておくには惜しいので、投資信託もしくはETFに再投資して貯めるのが最良と考えます。

円貨で得た少額の配当金は、投資信託の買い増し一択

円貨で得た少額の配当金は、投資信託を買い増して貯める、その一択で良いと思います。

ノーロード(買付手数料無料)、信託報酬も安い良心的な投資信託はたくさんあります。ほとんどの証券会社で100円以上、1円単位で買い付けができます。これは少額の配当金を貯めておくのに最良のツールです。

我が家では、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」(通称、)を買い増しして、配当金を貯めています。

少しずつ積み立てたその額は、含み益もあって、2019年3月現在、約16万円貯まっています。もう少し貯めれば、1単元買える個別株も選択肢が増えそうです。

ドルで得た少額の配当金は少々悩ましい

ドルで得た少額の配当金の再投資は、少々悩ましい問題です。

米国株は1株単位で買えるので良いのですが、如何せん買い付け時の手数料が高いです。

例えば、40ドルほど得た配当金で1株を買おうにも、多くのネット証券の米国株の買い付け手数料は、最低でも5ドル掛かります。40ドルの買い付けに5ドル取られてしまうのでは、効率が悪すぎると云うものです。

マネックス証券のゼロETFは有用な選択肢

マネックス証券ガウィズダムツリー社とともに提供している「ゼロETF」は、少額ドル資金の積み立て先として有用です。買い付け時・売却時の手数料を全額キャッシュバックしてくれるので、要するに手数料無しで買い付け、貯めておくことができるからです。

我が家では、[]米国中型株配当ETF を買い付けることによって、ドルの少額資金を再投資して貯めることとしています。

【配当再投資】米ドルの配当金は、DON で積み立てる。DLN vs DON。

こちらも、少しずつ積み立てたその額は、含み益もあって、2019年3月現在、円換算で約11万円貯まっています。もう少し貯めれば、手数料負けせずに米国株を買い増しできる額になります。

外貨建MMFに預けるか、提携銀行の外貨預金に預けるか

マネックス証券以外では、手数料フリーで米国市場のETFを買い付ける仕組みは無いようです。

ここは、外貨建てMMFに預けるか、提携銀行の外貨預金に預ける等して貯めると云う選択肢になるのでしょう。ドル建てのMMFや預金であれば、日本円とは段違いの利回りが得られるはずです。

ドル建てで得た配当金をまた円に戻して投資信託に…と云う手もありますが、為替手数料を考えるとあまり有用とは思えません。

「使う配当金」の使い道

最初にお伝えしたとおり、我が家では「毎月配当」エリアの配当金については、生活に還元することに決めています。

生活に還元した上での使い道は、各家庭のご事情に合わせ自由です。ただ、いつもの暮らしをちょっとランクアップさせる、楽しいイベントにできると良いですね。

具体的には、全額「旅行積立」の資金としています。要するに、毎年の旅行に使用しています。

資産運用で得たおかねで旅行│おかねまみれ

「再投資して貯めた配当金」を使うとき

投資信託やETFとして貯めた配当金は、いつどういうときに使うべきでしょうか。

貯まった配当金で個別株を買い増す

いったん投資信託やETFに貯めておき、貯まったら個別株を買い増す、本来の配当金再投資の考えに近く、これは美しい流れですね。

ただ、再投資して貯めて、資産を最大化することだけが人生の目的ではありませんね。資産運用・投資界隈のブログをうろついていると、配当金は再投資して老後のために取っておけ!とされていますが、多くの人にとって老後の生活が全てではありませんね。

再投資した配当金は「まるまる利益」だ

配当金を再投資して購入した資産は、その後利が乗ろうが損が出ようが、いずれにせよ「まるまる利益」だと捉えましょう。配当金の再投資額も元金に数えてリターンの分母にするディーツ法の考え方には従いません。

まるまる投資から得た利益なので、いざとなれば躊躇なく使う資金だと考えます。

生活のイベントで躊躇なく使おう

家の修繕、車の買い替え、結婚○○周年の旅行、あるいはひょっとすると病を患う、生きて生活していればさまざまなイベントがあります。イベントでは出費が嵩みがちです。そうしたときに費用の足しにする、それが配当金を再投資して積み上げた資産の使い方です。

そういうときには、ぐずぐずと勿体ないなどと言わず、気前良くポーンと出費したいものですね。

資産運用方針カテゴリの最新記事