2018年11月の家計簿、下期黒字転換まであともう一息!

2018年11月の家計簿、下期黒字転換まであともう一息!

だんだんに肌寒い日が増えてきました。

お風呂を沸かす日が多くなり、休日の夕飯は鍋にしよっか?そんな機会も増えてきました。そして我が家はすでにクリスマス・カラーに染まっています。水道料・ガス代・電気代…、光熱費が嵩む季節ですね。

さて、11月末となりましたので、2018年11月の家計を整理します。

庭の整備費用におおきな出金があった2018年の下期、果たして黒字化の目途は見えつつあるのでしょうか。

 
 

2018年11月度収支実績

2018年11月度の収支実績です。

我が家では、半年のタームで収支の健全性を見ることにしています。毎月の収入と毎月の生活に紐づく収支を「通常収入/支出」と呼び、半年間のイベントであり毎月の生活には直接紐づかない収支を「特別収入/支出」と呼びます。

総収支は+25万9千円の黒字

11月の総収入は77.5万円ありました。これに対し総支出が51.6万円ありました。全体の収支はプラス25.9万円の黒字となりました。

通常収支は+9.9万円

毎月の給与と生活に紐づく「通常収支」は+9.9万円と黒字です。

「通常収入」には、給与の他に「毎月配当」エリアからの配当収入を計上しています。

「通常支出」には、食費・光熱費等の生活費のほか、「目的別貯蓄」エリアへの積み立て額を計上しています。これは、「目的別貯蓄」は「使うための貯蓄」ですので、貯蓄をした時点で支出と数えることで、家計の健全性を把握しやすくするためです。

今月の特別支出の内訳

今月の「特別支出」には、以下の内容を計上しています。

  • キッチンの排水口修理 0.8万円(予算外支出)
  • 浄化槽メンテナンス費用 0.5万円(予算外支出/12月予算のずれこみ)
  • JAF年会費 0.6万円(予算外支出/10月予算のずれこみ)
  • 義妹への誕生日プレゼント 0.6万円(予算外支出)
  • 年賀状印刷依頼 0.7万円(予算外支出)
  • クリスマス・イルミ追加 1.0万円(予算外支出)
  • うかい鳥山での贅沢ランチ 1.8万円(予算外支出)
  • 庭の花代 2.0万円(予算外支出)

ぜんぶ予定外支出です。特に終盤3点は、ちょおっと贅沢しすぎ。

クリスマス・イルミの追加購入は嫁へのクリスマス・プレゼントとすることにしました。また、この時期のうかい鳥山でのランチは、毎年恒例となりつつあるので、来年から予算に計上しておこうと思います。

[7621]うかいの原点「うかい鳥山」でランチ、業績は一転赤字転落も株価平常運転の愛され銘柄

収支項目毎の予算対比

収支項目毎に予算対比を確認します。

収入の項目

収入の部は、予算対比で142.5%と大幅に超過することができました。

給与所得は予算どおり

給与所得(手取り)は予算対比100.0%で予算どおりです。

投資成果は予算対比385.2%!

毎月の配当収入のほか、FXの利金、株の譲渡益を合わせるとこんなになりました。まあのんびり欲張らない予算のおかげもあります。

その他の収入が4.9万円

昨年亡くなった義父母も介護保険料の戻しが、他界して1年を過ぎて今さらありました。どういう仕組みになっているのか不勉強で分からないのですが、なんにしたってこんなに時間がかかるのって行政大丈夫なの?とちょっと呆れる。でも有り難う。おかげさまで嫁が調子に乗って贅沢しましたw

支出の項目

支出の部は、予算対比で119.3%と予算を超過してしまいました。

ここ数ヵ月、収入・支出ともに予算を上回る傾向です。増えた支出をなんとか収入増で抑えている。目指せマッチョ家計。いや目指してない。

住宅関係は予算対比111.7%と若干超過

毎月の住宅ローンの返済のほかに、特別支出でキッチンの排水口修理費用、浄化槽メンテナンス費用がかかりました。

キッチンが下水臭いなと思っていたら、キッチン下のパイプが経年変化で若干ズレていました。いまはもう臭いがなくなりました。有り難う、クラシアン!

食材・日用品は予算対比133.6%とおおきく超過!

前月に引き続きこの費目で予算超過。思いがけない入金があったので、嫁の財布の紐がゆるんだようです。

あと、「今、○○のお店でクレジットカードで5000円の買い物すると500円ぶんのポイントが付くらしい!」と言うので、じゃあクレカで買い物してきなよ~と言ったら、何故か12000円使って帰ってきました。曰く「やっぱりクレジットカードはダメだわぁ。ついつい余計なもの買っちゃうわぁ。」…キャッシュレス時代間近と云うのに、我が家の家計に暗雲たちこめる気配を感じます。

水道光熱費は予算対比74.8%とだいぶ少ない

水道光熱費は2018年下期から予算を少し下げています。昨年下期の実績にフィットさせたものです。にも拘わらず74.8%。水道・ガス・電気ともに昨年度同月の金額を下回っていました。

通信メディアは予算対比96.5%と適正

毎月の変動要素は固定電話料金と携帯電話料金でブレ幅は小さいです。予算内に収まりました。

車関係は予算対比162.7%と超過!

11月は三島スカイウォークにドライブに出かけたので、ガソリン代がやや多めにかかったようです。あと、JAFの年会費6,000円が今月引き落とされていました。JAFに毎年こんなに支払うの必要かなァ…??

外食旅行・遊興費は予算対比194.6%と大幅超過!

額にすると1.9万円の超過なので、まんま「うかい鳥山ランチ」が響いています。来年からは予算に組み入れることにします。

医療費は予算対比72.3%と節約

嫁の病院通いが続いていたので2018年下期より予算を大幅に引き上げた項目です。11月も通院が少なく、予算対比で減となりました。

経費・交際費は予算対比120.5%と超過

予算外の義妹への誕生祝い、ちょっと早めの年賀状印刷などで支出がありました。

その他の支出が予算対比150.8%と超過

嫁がクリスマス・プレゼントと称してクリスマス用のイルミが欲しい欲しいと駄々をこねるので買い物。それから、臨時収入に甘えて嫁が購入した庭用の球根の類で費用が嵩みました。庭のメンテナンス費用にけっこうおかねがかかっています。

目的別貯蓄は予算対比160.3%と超過

「旅行積立」への目的別貯蓄を指します。要するに予算で想定していたよりも配当金が出たと云うことです。

2018年下半期の収支見通し

7~11月の実績に12月の見通しをつけ足して、グラフにしました。

11月は黒字で+25.9万円ほどの収支でした。予算対比で+14.7万円ほどのプラスになります。

このため、収支実績+見込みの線が11月でさらに上昇しました。橙の点線が当初予算の線になるので、上方向への距離の拡がりは予算対比でのプラスを示します。

いま現時点での下期収支の見通しは、-7.8万円の赤字。もう一息で黒字転換します。

ただ、12月は何かと出費が嵩む時期なんですよね。嵩んだ支出に負けない収入が必要と云うことです。目指せマッチョ家計…!(目指しません)

家計管理カテゴリの最新記事