2019年7月20日(土)時点のリスク資産評価額、利下げ観測騰がったり下がったり。株安円高。

2019年7月20日(土)時点のリスク資産評価額、利下げ観測騰がったり下がったり。株安円高。

日々の値動きを気にしすぎるのは良くないことだと承知していますが、わたくし千鳥足のような投資初心者には、世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することが重要だと考えています。そのために、毎週のリスク資産評価額の推移を記録しています。

米国の利下げ観測が高まったり低くなったり、それによって株価も為替もおおきく方向転換する一週間でした。

円高が響く日本株には特に厳しい展開ですね。

 
 

2019年7月20日(土)時点のリスク資産評価額

2019年7月20日(土)時点のリスク資産の評価額は3801万円でした。

評価損益は前々週末比-19万円

前々週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3816万円
-19万円(-0.49%)
-15万円(+0.39%) 3801万円
+4万円 ±0万円

リスク資産の評価損益は-19万円と減りました。

今週は嫁のつみたてNISA4万円を新規の資金注入しています。出金(生活還元)はありません。したがって、リスク資産評価額の増減は-15万円となりました。

 

保有株、わりと健闘していた印象だったのですが、
評価損益は19万円落ちていました。
株価もそうですが、為替の影響が大きいようです。

前年末比+382万円の評価損益推移

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3281万円
+362万円(+11.04%)
+519万円(+15.83%) 3801万円
+194万円 -37万円

2018年末比では、評価損益は+362万円となりました。

出金(生活還元)もしていますが、新たに資金注入もしていまして、評価額は2018年末比+519万円の3801万円です。

2019年7月20日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率(前々週比) 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 -1.01%
-0.49%
TOPIX -0.78%
JASDAQ -0.45%
マザーズ指数 -0.14%
東証リート指数 +0.90%
米国市場 NYダウ -0.65%
S&P500 -1.23%
NASDAQ -1.18%
ほか 上海総合 -0.22%
韓国総合 +0.37%

米国市場、日本市場ともに軟調でした。金曜夜の下げのぶん米国株が先行しており、下げ幅が日本株よりもおおきくなっています。これに追随する形で週明けには日本株も落ちそうです。

そんな中、東証リート指数は変わらず気を吐いています。現在2014.43ptsです。

世界的に軟調な相場が続く中、また日韓の諍いが注目される中、韓国総合株価指数がプラス圏なんですね。だいぶ意外。急きょの利下げが短期的には効いたようですね。

東京市場の保有銘柄の概況

東京市場に上場している保有銘柄の概況です。海外債券ETFやS&P500連動ETF、REITなども混ざっています。

保有している東京市場の保有33銘柄の値動きは騰落さまざま、やや落ちるほうが多かったです。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
33
14
18
1

値上がり銘柄ピックアップ

が前週比+5.57%、前週は-6.63%の下げでしたから、反発して戻しきれていない状態です。

 が前週比+4.08%と反発。前週-7.30%下げているのでこれも戻しきれていません。本銘柄のボラティリティには慣れているので、この程度の値動きは「あっそ」レベルであります。

 が+2.13%と急上昇。長らくの下げ基調、底値感が出てきましたかね。

 が+1.95%、これで7週目の続騰であります。今期の業績期待の高まりをヒタヒタと感じさせる上り調子です。

値下がり銘柄ピックアップ

 は前週比-4.98%と前週と合わせて10%近い下落です。決算および業績予想を嫌気しての売りが継続していますね。米中貿易摩擦や日韓の諍いもあって、半導体やFPD需要の先行き不透明感が色濃いので、しばらく低調な推移になりそうですね。

が前週比-3.83%。日経の「2019年12月期の連結営業利益(米国会計基準)は前期比4割減」と云う報道でおおきく売られました。半導体需要の低下とともに欧州の景気悪化が響くとのこと。決算は7月24日発表の予定です。

が前週比-3.79%。順調に株価が騰がっていたにも拘わらず週の後半で急落しました。不審に思っていましたが、日本株全体がおおきく凹んだタイミングで以下のようなニュースが出が重なったことに因るようです。

氷糖商戦 令和初戦は黒星 青梅不調で予想下回る

NY市場の保有銘柄の概況

NY市場に上場している保有銘柄の概況です。株だけでなく債券のETFも混ざっています。

前週から保有していたNY市場上場の14銘柄の値動き、こちらも騰落さまざまです。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
14
3
11
0

値上がり銘柄・値下がり銘柄ともにゆるやかな値動きです。

値上がり銘柄ピックアップ

[]アルトリア が前週比+2.31%と3週連続での上昇です。[PM]フィリップ・モリス の急騰に連動したようです。ちなみに [PM]フィリップ・モリスの急騰は加熱式タバコの業績好調が報じられた同社は因るものです。IQOSのアメリカ市場での販売は [MO]アルトリア が独占します。すでにこの春、FDAによってIQOSのアメリカ市場での販売許可が下りているため、今後 [MO]アルトリアにもおおきな影響が表れるかも知れません。

値下がり銘柄ピックアップ

[]S&P500ブル3倍ETF が前週比-3.59%。先週指値を入れていたら刺さっていました。そして1週間で-3.59%まで後退。3倍だけあって騰がるにも下がるにも激しい値動きをしますね。

[]ジョンソン&ジョンソン が前週比-2.97%と続落しました。前週にあった刑事捜査が入るとの報道が要因のひとつと思われます。

J&Jに刑事捜査、パウダー製品の発がんリスク故意に否定か-関係者

今週の売買

今週は [1655]iシェアーズS&P500米国株ETFを約10万円んほど買い増ししました。毎月のS&P500ETF積み立て用の資金を使った積み立てです。

 

米国の利下げはもはや0.25下げか0.50下げかの世界で、
市場がおねだりするのは0.50になってきました。
けっこうおねだり好きの我がままっ子。
日銀、どうするのかなあ。7月末の金融政策決定会合を見つめる。

2019年評価額推移カテゴリの最新記事