【配当金で旅行しよう】2019GW、和歌山・奈良旅行

【配当金で旅行しよう】2019GW、和歌山・奈良旅行

資産運用の果実である配当金を毎月貯めて楽しむ旅行、2019年のGWは、和歌山・奈良に3泊4日の旅行に出かけて参りました。

 
 

株で得た配当金は旅行の資金に充てています

我が家では、「毎月配当」エリアで得た配当金は「旅行積立」として積み立てて、年に数回の贅沢旅行に充てています。

配当金は再投資してこそ複利の効果が得られることは承知しています。

ただ、年に数回の贅沢旅行は我が家では必要な支出なのです。その資金の確保こそが資産運用の動機であったりします。

資産運用で得た配当収入を元本はそのままに掬い上げて旅行に充てます。資産は資産自身が働いて、元本を減らさずに毎年の旅行資金を産み出してくれる、そういう仕組み作りをしました。結果、家計を傷めずに贅沢旅行ができるので、そのぶん、家計から投資にまわすおかねを増やすことができれば、結果的には複利の効果を得ることとおおきな違いはありません。

2019年GW旅行の行程

羽田を発ち南紀白浜空港でレンタカーを借りて3泊4日の行程でした。最終日は伊丹空港から羽田に戻っています。

レンタカーで走った走行距離は4日でおおよそ370~390kmです。のんびり宿を楽しむ旅行でした。

2019年GW旅行の費用

予算を総額37万円と見込んでいたところ、若干オーバーしてしまい38万円とチョットでした。

旅行を企画して宿を確保したときには、天皇の御譲位およびGWの10連休がまだ決まっておらず、それでも繋げて10連休にするつもりで、GWの谷間の平日を狙って予約しておいたのですが、社会全体が10連休となりましたので、宿代が跳ね上がりました。結構、凄まじく。致し方ないけれども。

項目 予算 合計 差異
旅行代理店前払い ¥115,520 ¥115,520 ¥0
旅館支払い(宿泊・夕朝食・飲み物代) ¥174,360 ¥213,446 ¥39,086
飲み物(旅館持ち込み) ¥0 ¥3,823 ¥3,823
昼食 ¥18,500 ¥10,267 ¥-8,233
おやつ ¥6,000 ¥2,070 ¥-3,930
お土産 ¥15,000 ¥6,952 ¥-8,048
施設入場・見学等費用 ¥9,000 ¥11,971 ¥2,971
駐車場 ¥12,000 ¥11,600 ¥-400
ガソリン代 ¥10,000 ¥2,335 ¥-7,665
道路 ¥0 ¥800 ¥800
雑費 ¥7,000 ¥2,280 ¥-4,720
合計 ¥367,380 ¥381,064 ¥13,684
内前払い以外 ¥251,860 ¥265,544 ¥13,684

こうして見ると、多くの項目で予算よりも節約できていたにも拘わらず、旅館支払いが祝休日仕様になったために予算を超過したことが明らかです。旅館の費用以外は、飲み物を宿に持ち込んで支出を抑えたり、職場へのお土産は省いたり、意識して努めました。旅館の費用以外はだいぶケチっています。笑

2019年GW旅行で泊まった宿

那智勝浦、十津川温泉、高野山のふもとでそれぞれ1泊ずつ。どれも趣き・味わいの異なる宿で楽しかったです。

那智勝浦「かつうら御苑」最上階露天風呂付スイート ~天~

那智湾隣接の大型旅館、その特別室です。

 

到着した日は雨。荒れた湾を囲う山並みが霧に包まれ、それはそれで美しい。晴れた2日目には、部屋から那智の滝を望むこともできました。

部屋が広く・家具の調度も佳く・何よりも眺望が大変良かったです。部屋付きの露天風呂はそのテラスにあって、眺望格別、檜の浴槽もとても綺麗でした。

食事は会席料理。品数たっぷり量多め。海に臨む旅館であるのに、魚介類が食べられない嫁のわがままにきちんと応えてくれました。

大型旅館の特別室あるあるで、従業員の接客は洗練されておらず当人任せの風あり当たり外れがありそうです。大浴場ありますがテラスの露天風呂で充分満喫できます。

十津川村「湯乃谷 千慶」

十津川随一の高級旅館です。9室のみの全室離れ、全室源泉かけ流しの露天風呂付きです。

 

従業員のみなさんのおもてなしが気持ち良いです。部屋付きの露天風呂、大浴場ともに源泉かけ流し、お肌しっとりする泉質のお湯です。

畳と白木でできたお部屋は大変きれいで好感が持てます。料理は品数と量を適度に、ひとつひとつ気持ちを込めて作られているのが良く分かります。魚介類が食べられない嫁のわがままにきちんと応えてくれました。

離れの部屋のプライベート感を確保するために、高い塀を巡らしてその内側をこじんまりと日本庭園風にしつらえています。ミニチュア感があり、ややなんちゃって感があります。開放感は少ないですが、プライベートはばっちりですから、ひっそり家族だけで過ごすには良いでしょう。

お値段次第では申し分無いお宿なのですが、休祝日料金が適用された今回のお値段は、ちと高すぎる印象です。

かつらぎ町「山荘 天の里」

高野山のふもと、かつらぎ町にある山荘です。広い敷地に1日6組だけを受け入れるお宿です。今回ピカイチのお宿でした。近くにあるならまた行きたい。

 

田園拡がる風景の中に、広々と敷地を構えて、建物の作りも広く外光を取り入れて、開放感たっぷりです。

部屋はシンプル&カジュアル。勾配天井と開放的な窓が広い空間を作っています。家具の調度は安っぽいですが、清潔感があり好ましいです。

お風呂は部屋には内湯のみ。開放的に演出はされていますが浴槽は狭いです。大浴場は無くて露天風呂1つ・内湯2つの家族風呂を時間で分けて使います。2つの内湯も全面ガラス張りで窓を開けて外気を入れればほとんど半露天で気持ち良いです。

どのへんが今回ピカイチの宿だったかと言うと、何よりもフランス料理の夕食が大変美味しかったです。一品々々に独創性があって、驚きあり感心ありで食事が楽しいのです。例えば「新玉ねぎのスープ」と云う一品ですら、メニューの字面から想像していたものとは異なっていて感嘆したのでした。

魚介類が食べられない嫁のわがままにきちんと応えてくれました。食事の1時間前になって何が食べられて・何が食べられないのか詳細な確認があったので、料理の替えが間に合わないのかしら…?と心配していましたが、替えていただいた料理はいずれも本当に丁寧に美味しく出来ていて、即興で作っていただいたものとは思えない出来栄えでした。中でも魚のマリネの前菜に替えて提供いただいた、フォアグラカナールのホットサンドは僕もひと口頂きましたが絶品でした。

2019年GW旅行の良スポット

立ち寄ったスポットで楽しかったところ・美味しかったところを記録しておきます。

上野のパンダに並ぶのがうんざりならアドベンチャーワールドに行けばいい

和歌山のアドベンチャーワールドにはパンダがわらわら居ました。笑

昔上野のパンダが赤ちゃんを産んだとき、ひと目見ようかと上野に出向いたら6時間待ちと告げられて驚きました。それでも並んでいる人々に更に驚き、聞えよがしの悪態をつきながら帰路についたのを思い出します。6時間待ちなんてムリムリ!て人は和歌山のアドベンチャーワールドに行ったほうが多分早くパンダを見ることができます。

パンダが普通にわらわらいて、普通にリラックスして過ごしているので、ひとつひとつの仕草が愛らしいです。

魚介は結局、とれとれ市場のお刺身が一番だった

1泊目の「かつうら御苑」、2泊目の「湯乃谷 千慶」ともに夕飯にはお造りが出ましたが、いちばん美味しいお刺身は、白浜の「とれとれ市場」のお刺身でした。

GWで物凄い行列でしたが、海鮮丼等の丼ものの列を避けて、お刺身の列に並んだら速攻で食事にありつけました。ごはんも大盛でもらって、自分でお刺身を盛って海鮮丼を自作しました。これが今回の旅行でいちばん美味しいお刺身でした。

和歌山ラーメン、新宮の「速水」が想像以上に美味しかった

食べログの点数があんまり高くないので、期待せずに訪問したのですが、和歌山ラーメン、焼き飯ともに美味しかったです。

 

速水

関連ランキング:ラーメン | 新宮駅

気を付けろ!奈良に興福寺は2つある

最終日に奈良を観光して帰る計画を立てていました。

大雑把な大仏よりも、繊細な阿修羅像を見たいと思い、カーナビに「興福寺」と入れて出てきた場所に向かったんですね。なんだか様子が違うな…とは薄々思ってはいたのですが、辿り着いた寺の寂しさに愕然としました。


おかげで予定が1時間狂いました。みなさん奈良でカーナビを使うときには要注意ですよ…!(?)

本物の興福寺には、阿修羅像とその仲間たちがみな眉間を憂鬱そうに寄せた・困ったちゃんな顔をして立っていました。どの像を見てもよく喋る衒学の美大生らしき男が居て、この野郎、別の興福寺に連れてって黙らせてやろうかと思いました。

まとめ

以上、2019年GWの和歌山・奈良旅行でした。

これからも素敵な旅行ができるよう、資産運用に取り組んで参ります。

配当金で旅行カテゴリの最新記事