クリスマスの飾り付け、電飾がおよぼす電気代の沸騰!

クリスマスの飾り付け、電飾がおよぼす電気代の沸騰!

クリスマスの飾り付け、2017。玄関前。

毎年少しずつ電飾が増殖していきます。知らぬ間に、嫁が増やしています。
あれ?これ新しいヤツ?そう訊くと、んん?前からあるよ?空とぼけやがります。

 
 

電飾たちが及ぼす電気代への影響

TEPCOから12月の電気代の案内が着ました。12月の電気代は11月22日~12月21日の期間に当たります。ちょうど電飾が光っていた時期に相当します。

その額、34,241円。ひさびさの30,000円超え

そして過去最高額。んがぐ。

そしてこの5月頃から節電に取り組み始めて以来初となる、電力消費量の前年同月比増。

昨年の12月の電気代は29,013円でした。

電飾は時間帯を区切って運用しよう

クリスマス飾りは嫁が楽しみにしておりますし、モッタイナイから電飾禁止!とか云う選択肢は無いのですよね。強いて言えば、点灯させている時間帯のコントロールが必要でした。電飾の消灯係は僕でして、いつも就寝前に消すのですが、今年は為替や米国株の様子を眺めて夜更かししていることが多くて、点灯している時間が例年よりも長かったのではないかと思います。

あと、年々増殖してゆくこの旺盛な繁殖っぷりに、いいかげん歯止めが必要です。(´ー`;)
増やすにしても、太陽光で充電するタイプのものにしないと、いずれ電飾だけでブレイカー落ちたりしかねませんね。

片付けるのも大変なのです

電飾ほかクリスマス飾り一式、本日片付けました。
飾り付けをするときはまだ良いのですが、片付けはしんどいです。 寒いしね。

朝早くから手掛けて、昼過ぎまで。
片付けを終えて、2人ともすでにぐったり。
今日の残りの時間はゆっくり過ごします。

家計管理カテゴリの最新記事