「ねんきんネット」にマネーフォワードから連携する。長生きするなら、払った年金は資産だ!

「ねんきんネット」にマネーフォワードから連携する。長生きするなら、払った年金は資産だ!

日本年金機構が提供する「」。
このサービス、マネーフォワードから連携できるって知ってました?
僕は知らんかった!…で、「ねんきんネット」と連携したらどうなるのか?ちょっと想像がつきませんでした。なので、まずはやってみました。

なお、そもそもの「ねんきんネット」を利用するまでの手順はこちらです。

【ねんきんネット】保険料納付記録を見て湧き上がる青春の思い出

 
 

マネーフォワードから連携してみる

なるほど確かに連携する金融機関の一覧にある

さて、マネーフォワードから金融機関の新規登録を選び「」カテゴリを選択すると、なるほど普通に「ねんきんネット」が存在します。いままで全然気づきませんでした。

ねんきんネットとの連携に必要な情報

連携には、「ねんきんネット」のログインに使用する以下4つの情報が必要になります。

  • ユーザID
  • パスワード
  • 秘密の質問(の質問文)
  • 秘密の答え

「秘密の質問」もテキストで入力する必要があってちょっとハマッた

「秘密の質問」もテキストで「母親の旧姓は?」などと自分で正確に入力しなければいけません。
それが最初から判っていれば、質問文をメモったかも知れませんが、知らなかったです。
そして「ねんきんネット」はどういう基準で秘密の質問を問う仕様であるのか存じませんが、一度ログインするともう問われなくなってしまい、質問の正確な文章が分からず困ると云う事態に及びました。

同じような難民が辿り着くかも知れないと思い、その救済のため、「秘密の質問」の一覧を書き出しておきますね。笑

  • あなたの出身都道府県は?
  • 母親の旧姓は?
  • 飼っているペットの名前は?
  • 中学生の時のニックネームは?
  • 好きな食べ物は?
  • あなたの出身小学校は?
  • 初めて買った車は?
  • 初めて海外旅行に行った場所は?
  • 尊敬する人物は?
  • 中学生の時の部活動は?

ねんきんネットと連携した結果

ねんきんネットと連携すると何が起きるのか、ねんきんネットにおける「資産」てなんだろうと思いつつ確認してみると…。

資産がどどんと増えました

いままでのiDeCoでの蓄積が鼻くそに見えるくらいに、「年金」が増えました。
いままで支払ってきた年金額がまんま資産として管理されるようです。

資産の構成比もちがう景色に

カテゴリ「年金」が全資産に占める割合は、4分の1に達しました。

納入額イコール資産というのは抵抗があるが…

最終的に年金を幾ら受け取ることができるかは、時代とともに変わっていく(恐らくは段々に少なくなっていく)でしょうし、受け取り期間によっても大きく異なりますから、納入額をそのまま「資産」と呼ぶのは、なんだか違う気がしますよね。

なんだか違うなァと思い、連携を取り消そうかと思ったのですが、思いとどまりました。

普通に長生きするなら、資産と言えなくもない

年金の毎月の支給額はどれだけ納入してきたかによって異なります。
もちろん一生のうちにどれだけ支給を受けられるかは、どれだけ長生きできるかにかかっています。一般的には、受給期間が8~10年ほどにおよぶと、支給額が納入額を超えて、謂わば「元を取れる」状態になるようです。

65歳から受給したとして、8~10年と云えば73歳~75歳、これ普通に「平均寿命」以下の範囲ですね。平均なので、もちろんこれより早く亡くなる方もたくさんいるわけですが、なぜ多くの人が老後資金を不安に思うかと云うと「長生き」することが前提になっています。長生きする人は基本的には「元を取れる」のです。であるならば、老後資金を気にするような人の場合には、「8~10年元気にしていれば受給できる額」として、年金の納入額を「資産」と捉えるのもアリなのかなと思いました。

資産に数えておくと、なんだか老後の不安が和らぐ笑

いままで「年金」としてiDeCoに積み立てたおかねしか表示していなかったので、そこにこれまでの納入額を乗せられて見ると、「おう、老後の資金はこれだけあるんだねい」と、なんだか心が落ち着く気がします。笑

老後の資金をやたらに不安がる気持ちを抑えるのに、一定の効果がありそうです。
やたらに不安がって無理な節約をして暮らすよりも、それぞれの年齢でしか享受できない愉しみを愉しんで過ごすほうが人生もきっと有意義ですね。

資産がおおきく見えるのは悪くない笑

年金の納付額も加算してみたら、資産がだいぶおっきく見えるようになりました。
おほー。単に気分の良し悪しだけで言って、これは悪くありません。
それに資産におけるリスク資産と無リスク資産の構成を考える際にも、参考にすべき情報のように思います。

なあんて肯定的に思い始めて連携を残してみたのだけど

同じマネーフォワードが運営する「MONEY PLUS」では、「年金は資産というより給与に近いと考えたほうがよいと思われます。」と書かれていて、なんだよもう!w

払った年金は”私の資産”と考えてよいのでしょうか?

ねんきんネットの残高が更新されない?更新されるのは年1回

毎月の給与から控除されている厚生年金保険料、そのぶんマネーフォワードで見るねんきんネットの残高も毎月増えていくのかな?と思いきや、描かれる線は横一線で、え?なにこれいつ増えるの?って心配になりますね。

ねんきんネットの「年金記録」の更新は、国のシステムに記録の追加等があればその翌日には反映されます。

ただし、「年金見込額」や「これまでの保険料納付額」は、原則年に1回、誕生月の前々月の更新となるようです。ねんきんネットからマネーフォワードに連携されているのは「これまでの保険料納付額」なので、毎月少しずつ増えるのではなく、年に1回、ドンと増えるようですね。

年金受給が始まるとマネーフォワードはどう連携するのかな?

疑問に思っているのがコレ。
年金納付額イコール資産として管理されていますが、年金の受給が始まると、マネーフォワードではどんなふうに扱われるのか興味があります。

まさか受給分だけ資産が減っていくような…?
いやそんなの、まるで寿命カウントダウンみたいで見たくないですよね。笑
でもいっぽうで、納入額イコール資産なのに、受給額は資産に影響しないと云うのも、それはそれでどうなのか?と思ったりもします。

年金受給世代のマネーフォワード利用者の方、どこかでブログ書いてないかしら。

おかねの豆知識カテゴリの最新記事