2018年11月3日(土)時点のリスク資産評価額、10月に負った傷を癒す銘柄と拡げる銘柄。

2018年11月3日(土)時点のリスク資産評価額、10月に負った傷を癒す銘柄と拡げる銘柄。

資産運用において、日々の値動きを気にしすぎるのは良くありません。でも、世界がどう動き市場がどう動こうとしているのか感じ取ることは重要だと思うんですね。特にわたくし千鳥足のような投資初心者は、日々の出来事が株価にどういう影響を及ぼすのか、知識としてでなく実体験・実測をもって肌で習得していくことが重要と考えています。

そんな意味合いもあって、毎週の資産運用状況を記録していきます。資産評価額は MoneyForward から、リスク資産の評価額を取得してそのまま記録しています。なお、ここで言うリスク資産は証券口座に出動して待機中の現預金も含みます。

 
 

2018年11月10日(土)時点のリスク資産評価額

2018年11月10日(土)時点のリスク資産の評価額は3507万円でした。

評価損益は前週末比+35万円

前週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3471万円
+35万円(+1.02%)
+35万円(+1.02%) 3507万円
±0万円 ±0万円

保有資産の評価損益が+35万円ありました。今週は入金・出金ともに無く、評価損益の増が資産評価額の増そのものに直結しています。

 

前週に引き続きゆっくりと回復中です。
でも銘柄により癒える傷口と拡がる傷口、両極端な印象が強くなっています。

評価損益、前年末比では未だ-20万

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3307万円
-20万円(-0.60%)
+199万円
(+6.03%)
3507万円
+300万円 -81万円

 

2018年を年間プラスで終えたいです。年末の上昇相場に期待します。

2018年11月10日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 +0.03%
+1.02%
TOPIX +0.86%
JASDAQ -0.08%
マザーズ指数 +6.39%
東証リート指数 +0.53%
米国市場 NYダウ +2.84%
S&P500 +2.13%
NASDAQ +0.68%
ほか 上海総合 -2.90%

米国市場の強さが際立ちますね。ただハイテク分野を中心とするNASDAQがやや弱いです。日本市場はほぼ横ばい、売られ過ぎたマザーズ指数は回復が目立ちます。中国市場は軟調。

我が家のリスク資産は前週末比+1.02%となりました。米国市場並みの回復とはいきませんが、まずまずの持ち直しですね。

保有日本株式の概況

週の始めに保有していた32銘柄の値動きはまちまちでした。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
32
15
16
1

が好決算もあって前週比+16.64%と高騰しました。ほか、 が+4.19%、日本株式での目立った上昇はこの程度です。

が前週の反発むなしく前週比-3.61%と反落、12日の決算発表で悪材料出尽くしとなって欲しいです。 が前週比-3.08%と株価を急落前に戻しきれず後退、特に問題のあるIRが出ているわけではありません。ただ10月23日に発表されている新工場棟の建設、シンガポール子会社の設立が翌期の業績予想でどう説明されるかは気になるところです。

多くの企業が中間決算の発表をこなし、その実績ないし業績予想次第、織り込み土合次第の値動きとなって、値上がり・値下がりほぼ半々の結果となりました。いずれの銘柄も10月に入り傷を負っていたのですが、好決算で傷を癒す銘柄もあれば、よろしくない決算で傷を拡げる銘柄もあり、こういうまちまちな結果になっています。

保有米国株式の概況

週の始めに保有していた12銘柄の値動きは、大半が値上がりました。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
12
11
1
0

[]サザン が前週比+4.63%と高騰しました。決算発表でEPSが予想を上回ったことで安心感が広がったようです。[]シスコシステムズ が+3.58%、[]ジョンソン&ジョンソン が+3.31%といずれも続騰しています。

唯一の値下がり銘柄は []アルトリア の前週比-0.39% でした。株価の推移は順調でしたが、9日午後のNY市場で急落しています。FDAがJUULなどの電子たばこの規制を強化する、またメンソール味のたばこを規制する内容が報じられています。JUULへの規制強化は前回同社の株価にとって好意的に受け止められた面があったのですが、問題は後者の話なのでしょうか?まだ追い切れていません。

今週の売買

[6197]ソラスト、[9873]日本KFC を一部売却

2018年の相場の乱高下にやや疲れ、確定利益が欲しかったタイミングで [6197]ソラスト が好決算で高騰したため、100株だけ売却しました。

[6197]ソラストが中間決算発表!経常利益+30.5%、100株だけ手放しました。

また、株主優待の改善される気配がありませんし、値動きの少なさすぎで面白味が無いので、[9873]日本KFC も100株手放しました。

 

国内政治を思うままにできなくなったトランプ大統領が外交で成果を求め
強硬姿勢を先鋭化させるという見方が多勢ですが、
さて、次週の相場はどんなになるでしょうか?

2018年評価額推移カテゴリの最新記事