2018年12月15日(土)時点のリスク資産評価額、金曜に力尽きる&JNJ暴落!

2018年12月15日(土)時点のリスク資産評価額、金曜に力尽きる&JNJ暴落!

資産運用において、日々の値動きを気にしすぎるのは良くありません。

でも、世界の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することは重要で、特にわたくし千鳥足のような投資初心者は、それを肌で感じ、記録に残しておきたいと思います。

そんな意味合いで、毎週の資産運用状況を記録していきます。資産評価額は MoneyForward から、リスク資産の評価額を取得してそのまま記録しています。なお、ここで言うリスク資産は証券口座に出動して待機中の現預金も含みます。

 
 

2018年12月15日(土)時点のリスク資産評価額

2018年12月15日(土)時点のリスク資産の評価額は3440万円でした。

評価損益は前週末比-27万円

前週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3467万円
-27万円(-0.77%)
-27万円(-0.77%) 3440万円
±0万円 ±0万円

保有資産の評価損益が-27万円ありました。

今週は新たな原資の入金も、利益の生活還元(出金)もありませんでした。評価額の増減はそのまま-27万円となります。

 

週の半ば、盛り返しもあったのですが、
金曜ですっかり値を戻してしまいましたね…。

評価損益、前年末比でのプラ転がまた遠ざかる…

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3307万円
-94万円(-2.83%)
+133万円
(+4.00%)
3440万円
+313万円 -86万円

 

2018年のプラ転がさらに遠ざかりました。
プラ転、もう難しそうです。

2018年12月15日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 -1.40%
-0.77%
TOPIX -1.75%
JASDAQ -3.12%
マザーズ指数 -3.94%
東証リート指数 -0.27%
米国市場 NYダウ -1.18%
S&P500 -1.26%
NASDAQ -0.84%
ほか 上海総合 -0.47%

週の始めは前週の流れを引き継ぎ暗澹とした悲観相場でした。

その後中国が米国産大豆の輸入を増やしたことや「中国製造2025」の見直しに着手したとの報道を受けて、米中貿易摩擦の緩和期待で持ち直しました。

しかしながら金曜日になって再び下落、いずれの指数もマイナスとなりました。金曜日の下落は、中国の経済指標の鈍化やユーロ圏の経済指標の低下を受けて、世界経済の減速懸念が高まったためです。

保有日本株式の概況

週の始めに保有していた32銘柄の値動きは、ほぼ下がりました。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
32
8
22
2

上昇率1位の銘柄は、 の前週比+4.12%でした。他には目立った上昇銘柄はありません。

[8963]インヴィンシブル投資法人 の上昇は、業績の上方修正と自己投資口取得の公表による上昇でした。

[8963]インヴィンシブル投資法人、自己投資口取得発表で+2,100円(+4.48%)の高騰!

下落率上位の銘柄トップ3は以下のとおりです。

[3994]マネーフォワード が第三者割当の増資を発表以降、継続して売られています。前週からの下落幅は-27.62%にまでおよびます。

[6197]ソラスト の下落は、機関の利益確定売りですかね。介護福祉士の処遇改善と云うニュースとタイミングは合っていましたが、処遇改善の財源は国から出るわけで同社が困ることでは無さそうです。同業銘柄がおおきく下げているわけでもないですしね。この銘柄、ボラティリティ高めで地合いに反した値動きすることが多くてハラハラさせられますが、もう枚数も減ってしまったので、次回の株式分割(いつ?w)までは気絶ホールドでいきます。

保有米国株式の概況

週の始めに保有していた12銘柄の値動きは、ほぼ全て下落しました。前週と同様です。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
12
1
10
1

上昇銘柄の1つが、[]米国トータル債券市場ETF 、つまり債券だと云うのは前週と同様。純粋な株式・株式ETFとしては全滅です。

下落率のトップ3は以下のとおりです。

  • []ジョンソン&ジョンソン 前週比-9.46%
  • []米国増配株式ETF 同-5.71%
  • []米国中型株配当ETF 同-5.50%

[JNJ]ジョンソン&ジョンソン、やらかしてくれましたね~。ベビーパウダーにアスベストが含まれていたことを数十年間把握していたとのロイター報道を嫌気され、14日の市場で10%超の暴落となりました。同社は報道内容を「一方的で間違いで扇情的だ。ベビーパウダーは安全で、アスベストを含んでいない」と否定しています。同銘柄は [VIG]米国増配株式ETF にも高い割合で含まれているので、こちらのの下落にも影響しています。

今週の売買

入金された配当金の一部で、楽天VTIもしくは [DON]米国中型株配当ETF の買い付けを行っています。

それ以外には売買はありません。

 

ジョンソン&ジョンソン、報道がほんとうなら相当にやばい不正なのですが、
米国優良企業株と云うこともあって、撤退すると云う方は見かけませんね。
基本的にはホールドで良いと思うのですが、報道がほんとうならいけ好かないなあ…。

2018年評価額推移カテゴリの最新記事