2018年11月24日(土)時点のリスク資産評価額、米国市場ふたたび急落!もうやめてェェ。

2018年11月24日(土)時点のリスク資産評価額、米国市場ふたたび急落!もうやめてェェ。

資産運用において、日々の値動きを気にしすぎるのは良くありません。

でも、世界の動きが市場にどういう影響を及ぼすのか、特にわたくし千鳥足のような投資初心者は、肌で感じ記憶に残しておきたいと思います。

そんな意味合いもあって、毎週の資産運用状況を記録していきます。資産評価額は MoneyForward から、リスク資産の評価額を取得してそのまま記録しています。なお、ここで言うリスク資産は証券口座に出動して待機中の現預金も含みます。

 
 

2018年11月24日(土)時点のリスク資産評価額

2018年11月24日(土)時点のリスク資産の評価額は3445万円でした。

評価損益は前週末比-18万円

前週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3460万円
-18万円(-0.53%)
-15万円(-0.43%) 3445万円
+3万円 ±0万円

保有資産の評価損益が-18万円ありました。嫁のつみたてNISA積み立てぶん3.3万円の入金をしており、評価額は-15万円の変動となっています。

 

気持ち的にはもっとグッと下がっていたように思うのですが、そうでもないですね。
まだ数えていませんが、配当金の入金分が評価額を支えている可能性大です。

評価損益、前年末比がついに-87万円…

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3307万円
-87万円(-2.65%)
+137万円
(+4.15%)
3445万円
+306万円 -81万円

 

2018年を年間プラスで終えたいのですが…、もう11月も終わりますね。
ここから急騰してくれないかな…。(´;ω;`)ウッ…

2018年11月24日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 -0.16%
-0.53%
TOPIX -0.02%
JASDAQ 0.38%
マザーズ指数 1.15%
東証リート指数 0.48%
米国市場 NYダウ -3.73%
S&P500 -3.16%
NASDAQ -3.80%
ほか 上海総合 -3.72%

米国市場が主要3指数揃って急落しました。[]アップル の今後の業績見通しの不透明さを背景にハイテク銘柄が下げを牽引しています。米中貿易摩擦、英国のEU離脱問題、イタリア不安と悲観的になる要素が揃っていますね。いまや総悲観な印象です。

これに対して、日本市場はずいぶん踏ん張りましたね。日本株が強かったと云うよりは、これまでの売りがキツかったための反動と思われます。

こうした世界の動きに対して、我が家のリスク資産は前週末比-0.53%となりました。

保有日本株式の概況

週の始めに保有していた32銘柄の値動きは、実は値上がりした銘柄のほうが多かったです。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
32
20
11
1

が前週比+6.21%、と続騰しました。 が変わらず堅調な月次報告を発表し前週比+3.58%と反発しました。 が+2.95%の続騰、 は+2.85%と反発しました。

いっぽう、 はカルロス・ゴーン会長逮捕の報を受けて急落、それでも粘って前週比-4.80%で済んでいます。 が前週の決算に加えて債券相場の急落による不安で-3.38%となりました。

保有米国株式の概況

週の始めに保有していた12銘柄の値動きは、ほぼ全て下落しました。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
12
1
11
0

[]米国情報技術セクターETF が前週比-5.10%と続落。[]アルトリア は-4.21%、[]ビザ が-4.11% といずれもキツイ下げです。値下がり11銘柄の内10銘柄が2%以上の下げを記録しています。

騰がったのは実は債券ETF1本のみ。[]米国トータル債券市場ETF が前週比+0.04%でした。

今週の売買

今週は積み立てている投資信託の買い付け以外はありませんでした。ちょっとまだ手出しできる環境ではないですね。

米国株、もっと落ちるなら買い増ししたいところなのですが、ドル円がなかなか落ちてこないので資金のドル転が捗っていません。ドル円が112円未満のときに毎日25,000円をドル転する設定にしているのですが、10月あたりからほとんど進捗がありません。

 

株式ブログ界隈、わりと総悲観で手仕舞いムードが漂いますね。
米中貿易摩擦が奇跡的に好転!とか [AAPL]アップル が実は新型iphoneの売れ行き好調!とか
そういうイベントが無い限りこのまま停滞しそうですね。

2018年評価額推移カテゴリの最新記事