2019年5月18日(土)時点のリスク資産評価額、買い場!と資金を足したぶんだけ溶けてゆく

2019年5月18日(土)時点のリスク資産評価額、買い場!と資金を足したぶんだけ溶けてゆく

日々の値動きを気にしすぎるのは良くないことだと承知していますが、わたくし千鳥足のような投資初心者には、世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することが重要だと考えています。そのために、毎週のリスク資産評価額の推移を記録しています。

新緑の季節、庭の木々も新芽を伸ばし葉をだしてきました。気付くとシルバープリペットの垣に蟲が大量発生していて、ギニャャャーーー!一匹ずつ丁寧に片付けました。

相場が相変わらず冴えず、資産額を集計する気持ちも重いのですが、定例の確認なのでちゃっちゃと済ませてしまいましょう。

 
 

2019年5月18日(土)時点のリスク資産評価額

2019年5月18日(土)時点のリスク資産の評価額は3668万円でした。

評価損益は前々週末比-15万円

前々週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3680万円
-15万円(-0.42%)
-12万円(+0.33%) 3668万円
+3万円 ±0万円

リスク資産の評価損益は-15万円と微減しました。

今週は嫁のつみたてNISAで新たに3.2万円の資金注入を行っています。出金(生活還元)はありません。したがって、リスク資産評価額の増減は-12万円となりました。

 

意外に減ってない印象。最後にドル円が騰がったのがおおきいかも知れません。
あとはJREIT銘柄が多いのも影響しているかしらん。
それにしても今月新たに足した資金が悉く溶けてるのはもはや笑うしかない。

前年末比+261万円の評価損益推移

前年末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
3281万円
+261万円(+7.97%)
+386万円(+12.02%) 3668万円
+150万円 -25万円

2018年末比では、評価損益は+261万円となりました。

出金(生活還元)もしていますが、新たに資金注入もしていまして、評価額は2018年末比+386万円の3668万円です。

依然として年初来プラスであるものの、おおきく後退した一週間であります。

2019年5月18日(土)時点の保有資産概況

市場の概況

市場 指標 増減率(前々週比) 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 -0.44%
-0.42%
TOPIX +0.31%
JASDAQ -1.50%
マザーズ指数 -2.24%
東証リート指数 +1.79%
米国市場 NYダウ -0.69%
S&P500 -0.76%
NASDAQ -1.27%
ほか 上海総合 -1.94%

TOPIXがプラス圏で収まっているのが意外ですね。JASDAQ、マザーズと新興市場は劇弱でした。

米国市場も揃って下げ。中国市場は急速に資金が逃げていっている様相です。

米中貿易摩擦とその弊害が懸念される中、内需のJREITには資金が集まっているようです。

東京市場の保有銘柄の概況

東京市場に上場している保有銘柄の概況です。海外債券ETFやS&P500連動ETF、REITなども混ざっています。

保有している東京市場の保有33銘柄の値動きは、まちまちでした。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
33
18
15
0

が決算が好感されて前週比+4.70%と続騰しました。また良く分かりませんがSMBC日興証券による目標株価引き下げなどを受けながら、 が+3.64%と騰がりました。珍しいところで が+3.18%と上昇、こちらは証券2社の目標株価引き上げを好感したもののようです。

が談合報道で前週比-12.45%の急落。

はほぼ手放したものの100株だけ残してあるのですが、決算で大幅減益・減配が発表され、-9.10%と大幅な下げとなりました。 も決算で売られ-8.89%、 も-7.31%かなり下がりましたね。決算は良い数字なのですが、米中の貿易摩擦による中国市場の冷え込みを懸念してのものと思われます。

NY市場の保有銘柄の概況

NY市場に上場している保有銘柄の概況です。株だけでなく債券のETFも混ざっています。

前週から保有していたNY市場上場の14銘柄の値動きは、値上がり値下がり半々です。

週初時点保有銘柄数 値上がり銘柄数 値下がり銘柄数 変わらず
14
7
7
0

値上がり率のトップは []シスコシステムズ で前週比+5.60%、強い決算が株価上昇を後押ししました。また [V]ビザ は+2.10% と淡々と上昇。同銘柄の株価推移は芸術的と言って良い美しさです。

いっぽう []米国中型株式配当ETFが前週比-1.36%、[]米国情報技術セクターETFが-1.23%と2つのETFが比較的おおきな下げ幅となっています。

今週の売買

株安にドル安も重なったので、まだまだ早いかなあとは思いつつ、買い向かいました。

  • 証券口座に残っていた現金で []S&P500高配当株式ETFをちょっぴり買い増し。

米中の報復の掛け合い・先物の値動きに株価が敏感に反応しますね。米国株も寄付き時点と引け時点ではシナリオが変わっていることが連続しているような感触です。

トランプがツイートで何を言い出すか読めないので、為替はかなり運ゲー化しています。ポジション持っても怖くて放置できません。

 

当面は米中首脳の発言を気にして冴えない展開が予想されます。
6月の首脳会談でうまく片付くかというと、ここまで
こじれてしまうと難しい気がしますね。
米国は本気で中国を潰しにかかってますよね。

2019年評価額推移カテゴリの最新記事