進め我が家のキャッシュレス!キャッシュレスが進むと嫁がおこづかいを欲しがる事情。

進め我が家のキャッシュレス!キャッシュレスが進むと嫁がおこづかいを欲しがる事情。

我が家のキャッシュレス環境が徐々に整いつつあります。

最近近所のスーパーでの買い物用の2枚を加えて、6種類のクレジットカードを使い分けるようになりました。ほかに楽天銀行デビットカード、セブンカードプラスに紐づいたnanacoを使用しています。スマホは会社支給の業電しか持っていないのでスマホでの決済には踏み入ることができていません。

もうほとんど現金は持ち歩かなくなりました。わずかだけ財布に忍ばせている現金もなかなか減りません。

そういえば、当初はカード払いに抵抗していたアナログな嫁でしたが…、

アナログなパートナーをデジタルな家計管理に連れて行く方法

最近ではカードが使えるお店ではカードを使ってくれるようになりました。

さて、キャッシュレス化を進める中で我が家で取り組んでみたことを3点ほど。

 
 

おかねの管理カレンダーを作りました

クレジットカード毎に締め日や引き落とし日が異なります。諸々の都合により引き落とし先の銀行も異なります。さらに、三井住友VISA GOLDとエブリプラスは、高還元率を求めてマイペイすリボを設定しているので、毎月支払額を設定してあげる必要があります。

そんなこんなで「あれ?あれはいつまでにやるんだっけ?」「あれ?ほかにやることなかったっけ?」…ミスをしたことがあるわけでは無いのだけれど、記憶に頼ってやっている限りはいつか忘れてしまうかも知れない、そういう不安が頭をよぎってストレスが溜まるので、1ヵ月の予定表をつくりました。

11日あたりでマイペイすリボの支払額の調整、16日あたりの銀行口座の残高確認、月末のおこづかい口座の残高調整が毎月のイベントであります。基本的にはどれもメールで通知をくれるので忘れることは無いのですけど、不安になったときに確認するカレンダーと云うところですね。

用途と店でどのカードを使うか明確にした

どのカードもどのお店で使うと高還元とか、こう使うと高還元とかあって非常にややこしいので、アナログな嫁のためにも、はっきりと割り切って使ったほうが良いと思い、以下のように定義しました。

もともとは立替経費、家計、おこづかいと用途だけで分けていたのですけど、使い慣れてくると、家計とおこづかいをわざわざカードで仕訳なくても、マネーフォワード上できちんと仕訳できるようになりました。なので最近は楽天銀行のデビットカードの出番もあまりありません。

使う人 用途 場所 使用カード
千鳥足 仕事上の立替経費 ALL 三井住友VISA GOLD
家計・光熱費・おこづかい ALL 三井住友VISAエブリプラス
ネットでの買い物用 Yahoo!ショッピング Yahoo!JAPANカード
楽天市場 楽天カード
ふるさと納税 楽天市場 楽天カード
家計 イトーヨーカドー・セブンイレブン セブンカードプラス(家族カード)
いなげや Ing・FanVカード
小田急デパート OPカード
その他 三井住友VISAエブリプラス(家族カード)
おこづかい ALL 現金

当初はおこづかい用のカードをはっきり区別すること、かつ銀行口座以上には使うことが無いデビットカードに拘っていましたが、使い慣れてみると拘る必要が無かったです。僕がおこづかいを使用する場所はたいていの場合、タバコを買うためのコンビニなので、2019年3月31日以降主要コンビニでの還元率が通常の5倍になった三井住友カードのエブリプラスを使用することにしました。Yahoo!JAPANカードも楽天カードも、それぞれのWEB市場では強いけれども、一般の店舗では1%しか還元率がありません。通常の店舗での払いはみなエブリプラスで済ますことにしました。

嫁は毎日の食料品・日用品などの買い物がメインなので、使用するカードは主に「場所」で仕分けることにしました。イトーヨーカドーではセブンカードプラス、いなげやではIng・FanVカードといった具合。ガソリンスタンドでの支払いなどはエブリプラスを使います。

夫婦で日常使いが発生するエブリプラスと、主に嫁が使って僕の銀行口座から払いたいセブンカードプラスは僕名義で作り、家族カードを追加して発行しています。

嫁に毎月のおこづかいを出すことにした

家計とおこづかいが混ぜ混ぜになっている様子を感じていたので、前々からおこづかいを出そうと僕のほうから言っていたのですけれどもね。今回は嫁のほうからおこづかいが欲しいと言ってきました。

カード払いをメインにして全部マネーフォワードで記録されるようになると、家計とおこづかいを容易に混ぜ混ぜにできない場面もあり、そうなってしまうとおかねを使うのに息苦しさもあったようです。

例えば嫁はたまにKFCでチキンを食べるのを愉しんでいたようなのですが、カード払いにしたら回数・金額まで詳らかになって息苦しい。実際先日たまたまPontaカードをマネーフォワードに連携したら、KFCで律儀にポイントを貯めていた嫁のKFCの使いっぷりが分かって僕笑う・嫁赤面なんて云う場面もありました。

おかねは管理しても息苦しい日常は望んでいないので、嫁がそれだけあれば十分と言う1万円を月あたりのおこづかいと決めて、現金で渡すことになりました。この現金は使い方自由、月末に余ったら翌月繰り越しと云うルールにしています。

我が家のキャッシュレス、その未来

カードで財布が膨らみやすいので、お財布を新調しようかななんて思っています。

キャッシュレスには追い付いたものの、昨今の○○Payにはまったく触れられていません。というか○○Pay、種類ありすぎじゃんね。正直どれを使っていいのやら分からない。さらに最近では各スーパーも独自にスマホアプリとか○○Payとか打ち出してきてもーよくわからん。こういう群雄割拠のままだと浸透が遅れそうな気がします。中国とかだと共産党政府肝いりの巨大プラットフォーマーに絞られて、だから浸透も強烈に速かったりする、そういう風にはできないものかな。

[3994]マネーフォワード あたりが、このごちゃごちゃ群雄割拠の地図をシュッと賢く取り纏めてくれないかなあなんて期待しています。

日記カテゴリの最新記事