2021年6月 夫婦2人のゆるゆる家計簿、上半期で収支+300万円を意識していましたが僅かに届かず…。原因は5年に1度忘れた頃にやってくるアノ請求…。

2021年6月 夫婦2人のゆるゆる家計簿、上半期で収支+300万円を意識していましたが僅かに届かず…。原因は5年に1度忘れた頃にやってくるアノ請求…。

こんにちは、千鳥足です。

この記事では千鳥足家の2021年6月の家計簿を公開しております。

夫婦2人暮らし、基本お財布ゆるゆるな生活です。ログの位置づけで保管しているだけで、みなさまに公開したところでお手本になるような家計ではありません。「こんなにゆるゆるでも大丈夫なのね!」と、みなさんに希望をもたらす、そんな家計の一例と捉えていただければ幸いです。

なお、写真は葉山にある天ぷらやさん『葉むら』の天ぷらでございます。カウンター席だとマスターが怖いので、いつもテーブル席で食べていますw

 
 

2021年6月度の収支実績

我が家では半年のサイクルで家計を管理しています。管理にあたって、以下のルールを適用しています。

  • 日常生活の「通常収支」、年次イベントや突発的事情に伴う「特別収支」に分けて管理する。
  • 賞与は翌サイクルの「特別収入」に数える。2021年夏の賞与(6月支給)は2021年7月の収入に数える。
  • 旅行貯蓄は積み立てた時点で支出と数える。実際に旅行するときには支出に数えない。
  • 投資は支出に数えない。収支の余剰を預金か投資かどの金融商品に充てるかだけの相違です。

このようなルールを適用した2021年6月度の収支実績は以下のとおりです。

収入112.9万円-支出100.1万円=収支計 +12.8万円 でした!! 支出額やばいです💦

収入112.9万円の内訳

収入の内訳を確認しましょう。

僕の給与と嫁の収入、毎月配当エリア の配当所得からなる通常収入が100.9万円、それ以外の(謂わば事前に計算できない)収入である特別収入が12.0万円でした

合計100.9万円の収入は、予算比125.5%予算を22.9万円上回りました

給与所得が6月よりアップしたこと、配当とメルカリやブログの所得が、弱めに積んでいる予算のそれを上回ったためです。

特別収入の内訳は以下のとおりです。

  • 配当所得(毎月配当エリア以外) 0.3万円
  • メルカリ 4.5万円
  • ブログ 1.5万円

支出 100.2万円の内訳

次に支出の内訳を確認します。

通常支出が37.1万円特別支出が41.5万円旅行積立が21.6万円でした。

合計100.1万円の支出は、予算対比156.5%で大幅超過です。

特別支出の内訳は、以下のとおりです。

  • 地震保険 5年に1度の更新 21.2万円(予算外
  • スーツ新調 9.2万円(予算外
  • 嫁誕生祝い 4.6万円(予算内)
  • ふるさと納税 3.9万円(予算超過
  • 花の植え替え 1.7万円(予算超過
  • おでかけ 0.9万円(予算外

わりとおおきめな予算外の支出がありました。予算を組んでいた支出も、予算を少々超えたものもありました。

5年に1度の地震保険の更新は、忘れた頃にやってくるので毎回吃驚させられます。

今となってはスーツはほとんど着ない生活をしていますが、たまに身に着けるそれがくたびれているのはテンション下がるので新調しました。キャンペーンで半額で買うことができたのでラッキー。

ふるさと納税は予算を超過しましたが、上半期全体で見ればほど良いペースなので問題無しです。

収支計は+12.8万円の黒字

収支は+12.8万円の黒字です。予算は+25.9万円を見込んでいたので、予算対比は-13.1万円です。

コントロール不可能な予算外の支出(地震保険)がいちばんの原因です。これが無ければ予算に達していたということで、ヨシとしましょう!(毎々極甘ww)

収支項目ごとの予算対比・前年同月対比

収支項目ごとに予算対比と前年同月対比を整理しました。

なお、対比する前年同月の家計簿はこちらです。

2020年6月の家計簿、お財布の紐ゆるゆるな家計管理ですが、この上半期には偉大なる成果が…!!

収入は予算比125.5%・前年同月比120.6%

予算、前年同月ともに上回りました。

給与は、千鳥足の給与所得と嫁の所得を計上しています。6月から手取りが8万弱アップしまして予算を上回りました。

投資成果は、予算をずいぶん軽めに見積もっていたようで大幅超過です。すべて配当所得に拠るものですが、昨年同月比135.4%と大幅に増えました。とはいえ、6月入金の銘柄が増えたという理由が主なのであまり威張れたものではありません。

その他収入 は、メルカリ・ブログ収入など。予算を大幅超過も、昨年度月比は25.8%とおよそ4分の1に縮小。なんだなんだ?と確認してみたら、昨年は特別定額給付金の支給があったのでした。もう大昔の出来事のようです。

支出は予算比156.5%・前年同月比128.2%

支出も予算、前年同月ともに超過しました。

保険は、5年に1回の地震保険更新料というでっかい刺客がが潜んでいて大幅超過しました。

水道光熱費は、予算比66.7%、前年同月比65.1%という素晴らしい成績。中でもガス代が前年同月の半額になっていて、業者切り替えた恩恵を如実に享けています。

通信費は、予算・前年同月ともに超過。Amazon Prime をお試しで使ってみたら快適だったので年会費を払ったためです。サブスクは極小に留めるよう意識してきたのに…。もう他のサブスクは契約しない!ダメ絶対。

衣服・美容、スーツを新調したぶん予算・前年同月ともに大幅に超過しました。

おこづかい、普段履きの靴が欲しくて僕のおこづかいが予算枠をだいぶオーバーしちゃいました。

旅行積立、予算を大幅超過するペースで旅行積立が出来ているのに、昨年同月比で89.9%なのは何故なんだっけ??と思い確認したら、昨年は特別定額給付金を旅行積立に回していました。特別定額給付金が我が家の家計にしっかりの爪痕を残しております。

2021年上半期の家計収支実績

2021年上半期収支の予算と実績をグラフにしました。

赤い破線が収支予算です。緑の実線が収支の実績です。

予算上は6月に収支大幅プラスでクンッと上向いて上期を終える算段でしたが、あまり勢い良くは上向かずでした。それでも上期累積で50万円ほどは予算を上回りました。

2021年上半期の家計収支は+299.7万円となりました。あと3千円ほどで+300万円だったのですが及ばずです。

2021年上半期の収支項目ごとの予算対比・前年対比

収支項目ごとの予算対比・前年対比を2021年上半期の累計で見てみましょう。

簡単に感想をまとめると…、

  • 収入が前年比減。昨年は高額療養費の支給や、特別定額給付金の支給などたくさん事件があったなあ。
  • 水道・光熱費、確実に縮小が進みました。まだめっちゃ高いけれど。
  • 通信費、ブログ用のサーバ代を下期に年払いしてたのを毎月払いに変えたため上期支出が増。
  • 自動車、NXはジュリエッタより燃費が悪い。買ったばかりであちこち出掛けた影響もあるかも。
  • 健康・医療費、昨年は嫁の入院・手術でめっちゃ掛かっていました。
  • 交際費、両親の金婚式、妹家の新築祝い等祝い事が重なった昨年に比べて今年は平穏。
  • その他支出、ふるさと納税が昨年に比べ今年はだいぶ順調に捗っています。

嗚呼、家計簿を見れば昨年の出来事が記憶によみがえる…。家計簿をつける意義はここにも在ります。

 

さて、7月以降は2021年の下半期になります。
賞与が年イチの支給になりましたし、家計管理の仕方も地味に変更するつもりです。
7月以降の家計予算を近々に記事にしたいと思います!

以上、2021年6月の家計簿でした!

家計簿カテゴリの最新記事