2021年4Q(10~12月)の配当収入!大幅増配があれば大幅減配もあり。年間では前年比マイナスだけどOKな理由。

2021年4Q(10~12月)の配当収入!大幅増配があれば大幅減配もあり。年間では前年比マイナスだけどOKな理由。

2021年の4Q(10月~12月)が終わりましたので、4Qの配当金の報告をいたします!

配当収入は四半期毎に集計して記事にすることにしています。

 
 

2021年4Q(10~12月)の配当収入

2021年4Q(10~12月)の配当収入は、税引前で342,868円、税引後で266,119円でした。年が改まりすでに配当税額の還付も着金しておりますが、それは考慮していません。ざっくり言うと年末にせっせと損出ししたこともあって、今回の税額を超える程度の還付がきています。確定申告でもう少し取り戻せる予定です。

税引前の金額を昨年の同時期と比較すると+30,186円と9.7%の増でした。

「毎月配当」エリアは前年同期比で32.6%の増です。当初あった「毎月均等」の縛りを外したので、6月と12月の着金が多くなっています。

いっぽう、「アクティブ」「つみたて」エリアの合計は激減しています。「アクティブ」エリアについて、キャピタル重視を明確にして、銘柄入替を行ってきた結果です。無配の銘柄も多くなりましたしね。

2021年4Q(10~12月)の期間の配当収入の内訳は以下のグラフのとおりです。

 

12月はたくさんの銘柄から入金がありました。、DVY の額がおおきいのは、3Q(7~9月)の配当の受渡日が10月にずれ込んでいたためです。

2021年4Q(10~12月)配当収入の前年比較

4Q配当に見る「アクティブ」エリアの銘柄入替

2020年4Qに配当が無く2021年4Qにはあった「アクティブ」エリアの銘柄をIN、2020年4Qに配当があったが2021年4Qでは無かった「アクティブ」エリアの銘柄をOUTに整理しました。

IN OUT
    • 1375 雪国まいたけ
    • 2801 キッコーマン
    • 7839 SHOEI
    • INTU イントゥイット
    • NVDA エヌビディア
  • 6197 ソラスト
  • 7701 島津製作所
  • 9020 JR東
  • AAPL アップル
  • COST コストコホールセール
  • CSCO シスコシステムズ
  • アルトリア
  • PFF 米国優先株式ETF
  • VIG 米国増配株式ETF

OUTした銘柄には一部充分なグロースがある銘柄もありますが、MO、PFF、VIG といったインカム重視の銘柄を「アクティブ」エリアから除外することが入替の目的でした。

4Q配当に見る「毎月配当」エリアの銘柄入替

同じく「毎月配当」エリアの銘柄をINとOUTに整理しました。

IN OUT
  • 4502 武田薬品工業
  • 8316 三井住友FG
  • 8766 東京海上HD
  • 9432 NTT
  • 2117 日新製糖
  • 8304 あおぞら銀行
  • 9437 NTTドコモ

NTTドコモからNTTに変わったのはNTTグループの企業再編に因るものです。

武田薬品工業は微妙ですが、ほかのIN/OUT銘柄は、安定大企業への入れ替えであって、適切だと思えます。

4Q配当に見る増配・減配状況

増配銘柄が多いですね。 は業績好調につき昨年の倍の配当が出ています。

  • 7729 東京精密 +100.0%
  • 8591 オリックス +48.6%
  • 4182 三菱ガス化学 +28.6%
  • 4188 三菱ケミカルHD +25.0%

減配銘柄で目立つのは、なんと言っても SPYD でしょう。

  • SPYD S&P500高配当株式ETF -76.8%

2018年以降の配当収入推移

2018年以降の四半期別配当収入の推移をグラフにしました。

年間の配当収入の推移もグラフにしています。

2021年の配当収入は、2020年比では8.4万円の減です。2021年はおろか2020年にも及ばずでした。

内訳を見れば一目瞭然、インカム重視の「毎月配当」エリアの配当はわずかながら増えているのに対し、キャピタル重視をより明確にした「アクティブ」エリアの配当が昨年比-9.3万円と激減しているのですね。

配当が多いほうがもちろん嬉しいですが、これはキャピタル・ゲインを狙って銘柄を入れ替えた結果なので、これで良いですキャピタル・ゲインが得られている限りにおいては…!!! (゚Д゚)クワッ! 

投資開始以来の配当収入累積

2016年夏の資産運用開始以降では、配当収入は累積4,651,898円税引後で3,713,444円 です。

相変わらず角度も変えずだらだら積み重なっているだけなのは、「毎月配当」エリアの配当を再投資せずにぜんぶ使い果たしているためです。

配当収入を再投資しないと云う戦略。配当収入は使い込んでQOLを向上する。

「配当を使い込むなんて勿体無い」と仰る方も多いかも知れません。でも、我が家が資産運用をする目的のひとつは「旅行資金を稼ぐこと」なので、これはこれで良いのです。

ちなみに2021年12月には「毎月配当」エリアで銘柄入替を実施しています。

毎月配当エリアの銘柄入替! 超絶高配当で人気の QYLD を組み込み、配当見込額も配当利回りも一気に上昇!

結果が吉と出るか凶と出るか、もちろん吉となることを見込んだ上での入替なので、結果を楽しみにしています。

 

配当収入の記録カテゴリの最新記事