三菱商事への恨みわだかまる日本KFC株を購入♪

三菱商事への恨みわだかまる日本KFC株を購入♪

手持ち株を売却して手元に戻ってきたおかねで、[9873]日本KFCホールディングスにイン。ケンタッキーフライドチキンとピザハットを展開する会社さんです。

1,860円で200株。

  • 1株配当 50円
  • 配当利回り 2.69%
  • PER 32.09倍
  • PBR 2.07倍
  • 自己資本比率 53.2%(有利子負債ゼロ)
  • 株主優待 100株で年間1,000円相当の商品券

株主優待がややショボいものの、良いではないですか。
KFCのチキンは好きだし、それをたまに株主優待の商品券で食べられると思えば保有も楽しいはず。

 
 

日本KFC、案外株価安いのね

初めて見たとき、なんだか株価安いのね。と思った。そしてここ最近の日経平均の盛り上がりにも追随せず、べったり底に張り付いている不思議な存在。

過去のチャート見たのですけどね。

なんだこれ。2015年11月に何が起こった。

日本KFC株にわだかまる三菱商事への怨嗟w

三菱商事が保有していた株式の一部を売却、親会社から関連会社になったときらしい。
売却時の価格は2,134円、その後一度もその額を超えることなく、大量の売り圧力で下落の一途を辿った様子。

本銘柄関連の掲示板にはその経緯についての怨嗟が渦巻いているし、あちこちのブログにも「KFCの株主優待とどいたよ♪」とかいう楽し気なタイトルを付しながらも「含み損すごいんだけどね~」「この株早く手放したい」「塩漬け」とかいう一言も付いていて怖い。

そして三菱商事がKFC株を売却した理由は、純利益で伊藤忠に負けないためというのが実情らしいので、まあホルダーさんたちが怒るのもごもっとも。

そうして見ると、チャートの先に立ちはだかる雲は、ホルダーたちの怨恨のようにも見えてくる。相当な抵抗として機能してしまいそうな怖さがある。けれど、夏のあいだに底は打ったようにも見える。既存店の今年度の売上はそうそう悪くは無さそう。株価自体の割安感はあるし、配当もまずまずだし、買っちゃいました。

11月10日の上半期決算発表がおおきな問題なく過ぎればゆっくり上向いていきそうな気がしています。ホルダーたちが声高に叫んでいる「優待をもっと充実させろ!」という(至極真っ当と思える)要望にKFCが応えることがあれば株価は一段グンとあがるかも知れない。「もともとは2,134円だった」という強烈な記憶が、そこまで株価を連れてってくれないかな…という淡い期待と妄想を抱きつつのイン。

下がってしまったら、配当と株主優待でゆるゆる楽しみつつ、たまに怨嗟を吐き出す、そんな長期保有者になろうと思います。

投資日記カテゴリの最新記事