2020年1月18日(土)時点のリスク資産評価額、保有する国内株がいくつかキツ~く下落も米国株堅調で+0.95%。

2020年1月18日(土)時点のリスク資産評価額、保有する国内株がいくつかキツ~く下落も米国株堅調で+0.95%。

仕事始めから2週間経ち、仕事に家庭に慌ただしい出来事が増えています。

そんな中でも世界は動き、相場は動いています。日々の値動きを気にしすぎるのは良くないことだと承知していますが、わたくし千鳥足のような投資初心者は、世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することが重要だと考えています。そのために、毎週のリスク資産評価額の推移を記録しています。

 
 

2020年1月18日(土)時点のリスク資産評価額

2020年1月18日(土)時点のリスク資産の評価額は4342万円でした。

評価損益は前週末比で+41万円

前週末評価額 評価損益増減 評価額増減 当週末評価額
入金額 利益出金額
4301万円
+41万円(+0.95%)
+41万円(+0.95%) 4342万円
±0万円 ±0万円

前週末末比でリスク資産の評価損益は+41万円でした。

当週は新たな資金注入も出金(生活還元)もありませんでした。このためリスク資産評価額はそのまま+41万円です。

 

国内株はけっこうやられた銘柄も多かったのだけど、
米国株がよおく騰がりました。あと為替の影響もおおきいですね。

2020年1月18日(土)時点の市場概況

市場 指標 2019年末比 我が家のリスク資産
日本市場 日経平均 +0.80%
+0.95%
TOPIX +0.02%
JASDAQ +0.36%
マザーズ指数 -0.57%
東証リート指数 +1.15%
米国市場 NYダウ +1.82%
S&P500 +1.97%
NASDAQ +2.29%
ほか(ウォッチ対象) 上海総合 -0.54%

中東の動向はきな臭さを残しながらも表向きは穏便に進み、米中貿易協議は実質的な進展は怪しいけれども第一段階の合意に至りました。これを受けてリスクオン相場が継続しました。

米国市場はNYダウ、S&P500、NASDAQと3指数が揃って最高値を更新、日本市場も日経平均が24,000円台で引けました。ただ日本市場は大型株で構成される日経平均は堅調だったもののTOPIX、JASDAQはそれほどには奮わず、マザーズは軟調推移となっていて、今後これが市場全体に波及するかが注目されます。

 

我が家が保有する国内株は軟調なものが目立ちました。
いっぽうで米国株は堅調。
結果、我が家リスク資産の損益率は+0.95%でした。

2020年1月18日(土)時点の保有資産概況

ヒートマップで表す保有資産の概況

保有資産の昨年末比のヒートマップです。ヒートマップは自作のEXCELのマクロで作成しています。

米国株式が総じて緑色(評価額増)であるのに対し、国内株式は赤色(評価額減)が目立ちます。

債券はドル建てでは横這いでも為替のおかげで評価額増となっています。

 

昼は国内株の値動きにモヤモヤして、
夜もしくは朝起きて米国株の値動きに安心を得る、
そんな一週間でしたね。

値上がり銘柄ピックアップ

 が前週末比で+7.58%と跳ねました。中東の落ち着きと年初に発表した自社株買い&消印が効いていますかね。

[]ビザ が同+5.64%と今週も強かったです。200ドルに乗せたかと思うとアッと言う間に204.70ドルまで騰がりました。米中合意の第一段階には中国の電子決済サービス市場の開放が盛り込まれておりこれが好感されました。

マスターカードやビザ、中国決済サービス市場へのアクセス確保で前進

本銘柄のチャートは長期で見ても短期で見ても美しいですね。

ただ、米中の合意を中国共産党がそのまま素直に実行に移すかと云うと怪しい気もしていて、電子決済サービス市場の開放が反故にされたら、本銘柄もがっつり下げそうな気がしますね。

 が同+4.61%、 が同+4.49%と反発しました。

値下がり銘柄ピックアップ

国内中小型株の下落が目立ちました。

が前週末比-11.32%と売られました。2Q決算で業績の落ち込みと通期予想の下方修正を行ったことが嫌気されています。なんだか嫌ぁな形のチャートですね…。

は同-10.32%。決算期待で騰がってきたところへ、まだまだ投資意欲旺盛な赤字拡大の業績予想が提示されて売り込まれました。この程度の下落はしょっちゅうあるジェットコースター銘柄なので、もう慣れちゃいましたけれど。

ほかに が前週末比-4.23%、 が同-4.06% と下落幅がおおきかったです。

今週の売買

今週の売買はありませんでした。

どの銘柄を買うにも高く見えてしまってなかなか手を出しづらい状況が続きますね。

これからの投資作業

「方針」とか云うほど高尚なものではないので「作業」と言い切ります。

  • [1655]S&P500連動ETF つみたての今月残り分を買い増しします。(継続)
  • [6326]クボタ を買い増しします。2月の決算発表まで待つか否かもう少し悩みます。(継続)
  • 毎月WealthNaviにつみたてていた3万円のつみたて先を決めます。(継続)

[BA]ボーイング が欲しかったのですがいつの間にか物欲が雲散霧消しました。

毎月WealthNaviにつみたてていた3万円の原資を何に充てるかって難しいなぁ。何に積み立てるにしても今が開始時期じゃない感満載です。とは言いつつ、ではいつまで待つかなんて明確な下げ期待も無いですね。米中貿易摩擦は明確な破綻が無いまま、市場に色目を使いゆるゆると平行線を辿っていくのだろうと理解しています。

 

新年始まって以降の仕事の慌ただしさと家庭の慌ただしさもあって、
僕の中で資産運用の優先順位がだいぶ落ちていたりします。
でもずっと放置している懸案事項もあるし、サボっていてはいけませんね。
慌ただしい中でもきちんとしなきゃ!!…ですね。

2020年評価額推移カテゴリの最新記事