2021年5月8日(土)時点のリスク資産評価額、遂に僕のエムスリーがお星さまに…😢 総額は微増も心配ごとが残る一週間でした。

2021年5月8日(土)時点のリスク資産評価額、遂に僕のエムスリーがお星さまに…😢 総額は微増も心配ごとが残る一週間でした。

こんにちは、千鳥足です。

GWは谷間の5月6日7日も繋げて9連休。毎日忙しく楽しく過ごしています。

そんなGWも今日と明日の2日で終了。深い悲しみと「仕事ヤダヤダ!ヤダヤダ!」…心の中で床に寝転び激しくイヤイヤをする童心の如き辛みに気持ちが支配されています。嗚呼、もう一年中ゴールデンだったら良いのに…。

さて、このブログでは、我が家のリスク資産の動きを毎週末に記録しています。後々になって「あのときの状況」「あのときの感情」を辿ることができるよう、ログのようなものです。今週も淡々とリスク資産の動きを記録していきます。

 
 

2021年5月8日(土)時点のリスク資産評価額

2021年5月8日(土)時点のリスク資産の評価額は5220万円でした。資産評価額は前週末比で+57.5万円(+1.11%)となりました。再び5200万円台に戻ってきました。

新たに積み立て用の13.0万円の資金を注入しました。生活還元としての出金はありません。新規注入分を差し引くと、評価損益の増減は前週末比で+44.5万円(+0.86%)でありました。

イエレン米財務長官が、バイデン米大統領のインフラ投資施策について、経済の過熱を防ぐために金利が上昇する必要があるとの考えを表明したことを受けて、金利上昇が成長株のバリュエーションに影響を与えるとの思惑からハイテク銘柄の売りに拍車がかかりました。

資金はオールドエコノミー銘柄に流れNYダウは連日最高値を更新しています。いっぽう、金曜の米国雇用統計は予想を大幅に下回る4月数値が示されました。ほんらいは株価にマイナスな材料ではありますが、利上げの可能性が小さくなり時期も遠退いたとの思惑から成長株を中心に買いが入り、NYダウ・S&P500・NASDAQとも上昇する展開で週を締め括りました。

国内市場は2営業日のみの開場でした。5連休明けで資金が流入する一方、米国市場でハイテク株が売られる不安定さや緊急事態宣言の期間延長・対象地域拡大の見通しを受けて、全面的な上昇には至らずという一週間でした。

2021年5月8日(土)時点の市場概況

この一週間の各指標値の動きは以下のとおりです。

米国市場はNYダウが強く、NASDAQに厳しい一週間でした。それでも雇用統計を経てどうにかここまで戻しましたねという展開。

国内市場も米国市場の流れに同調して景気敏感セクターを中心に上昇、半導体関連などハイテク銘柄は逆に売られました。新興ハイテク株が多いマザーズは強めの下落です。

そんな中、我が家のポートフォリオの増減率は+0.86% となりました。保有銘柄の騰落分布は悪くないのですが、 の信用買いの含み損拡大が成績を押し下げています。

2021年5月8日(土)時点の保有資産概況

現在の保有資産の状況とこの一週間の増減率をヒートマップで表しました。

ヒートマップの分類は我が家のリスク資産の分類に合わせています。資産の分類にはもうひとつ「目的別貯蓄」のエリアもありますが、無リスク資産で構成するエリアなので上のヒートマップでは表していません。なお、ヒートマップは自前の簡易ツールで作成しています。

【EXCELでヒートマップ】投資資産の増減率をヒートマップで可視化するツール

ご覧のようにおおかたの銘柄は緑色(評価額増)です。一部の銘柄 [2413]エムスリー[]テスラ が苛烈な評価額減😡を示す輝度高めの赤色😢となっています。

特に [2413]エムスリー は、遂に信用取引の含み損が現物の評価額を喰い潰してしまったので、もはや写真撮影当日にインフルエンザに罹り集合写真に集合できなかった子のようにしか表現する術が無くなってしまいました。辱めとして企業ロゴも添えておきました。

値上がり銘柄ピックアップ

が前週末比+5.3%と値上がり率トップです。前週急落しましたが、きれいに反発しました。5月決算に向けて上方修正期待ですね。2019年末以来の株価水準まで騰がりました、ここを上抜けられるかどうか?

 が前週末比+5.1%と高騰しました。国内は緊急事態宣言延長&拡大ですし、ホテル系リートに良いニュースは何もありませんが、テクニカル的な買われ方ですかね…。

 も前週末比+5.1%。こちらも特に株価上昇に繋がる朗報は無さそうですが…、次週決算の期待でしょうか。

値下がり銘柄ピックアップ

[2413]エムスリー が前週末比-219.0%と死亡。信用取引って怖いですね。純粋な株価騰落は-4.4%でした。長期的な企業成長は変わらず信じていますが、株価が僕の信用取引の期日までにきちんと回復してくれるか?というと、めちゃくちゃ疑問符が付くので信用取引って怖いですね。大事なことなので2度言いました。

[TSLA]テスラ が同-5.0%(為替要素抜きの株価騰落は-5.2%)。ボラティリティのおおきな銘柄なのでこの程度の下げは気にせずにおきます。

が同-2.1%でした。前週の決算失望売りから戻しきれずに最後再下落して週末を迎えました。個人的にはあの決算内容で「何を失望するところがあるの?」というところです。何も心配していません。

今週の売買記録

今週は売買はありませんでした。

今のお気持ちと今後の資産運用展望

ぶっちゃけGW9連休で忙しくてあまり相場に関心が向かなかった一週間でした。

NASDAQ急落も毎月配当エリアの高配当系ETFが粘ってそうそうおおきな影響はなく安心。唯一、 [2413]エムスリー がさらに下掘りして心中穏やかではありません。「気に病むくらいなら売っちゃえよ!」と言うかも知れませんが、まだ返売せずに建玉棄てずにいるのは「どう考えても反発するでしょうよ!」て思っているからなので、そう簡単に割り切れるものではないのです。はぁ…売り方焼き尽くすよな今期の業績予想、早めに出してくれないかなあ…笑(願望)

もちろん、信用取引の期限内ではきれいに含み損が解消されるまでは期待してはいないので、そろそろ [2413]エムスリー の返売あるいは現引きのプランを考えなければいけません。含み損がまあまああるので、いずれかの株を手放して資金を作るか、あるいは夏の賞与を注入するか。5月中には計画します。

[2413]エムスリー の返済に絡む売買はあるかも知れませんが、いまいま売買を予定している銘柄はありません。毎月の積み立てを淡々と継続することが今後の資産運用の展望ですね。

以上、今週の記録でした!

2021年評価額推移カテゴリの最新記事