2021年3月13日(土)時点のリスク資産評価額、僕を襲うM(3)の悲劇!!まあ資産は増えましたけどね。一瞬だけかもですがリスク資産5000万到達です!

2021年3月13日(土)時点のリスク資産評価額、僕を襲うM(3)の悲劇!!まあ資産は増えましたけどね。一瞬だけかもですがリスク資産5000万到達です!

新年度に向けて今週も仕事が忙しかったです。

めんどくさがりなので、自分を楽にする仕組みを作ることにしばらく忙しくなります。早く落ち着きたいなぁ…。

さて、このブログでは、我が家のリスク資産の動きを毎週末に記録しています。後々になって「あのときの状況」「あのときの思考」を辿ることができるよう、ログのようなものです。今週も淡々とリスク資産の動きを記録していきます。

 
 

2021年3月13日(土)時点のリスク資産評価額

2021年3月13日(土)時点のリスク資産の評価額は5035万円でした。評価額は前週末比で+166.9万円(+3.43%)です。

新たな資金の注入や出勤(生活還元)は無く、評価額の増加はそのまま評価損益の増です。

セクター毎の需給が日替わりで変わるものの、米国市場・国内市場ともに全体に堅調で、我が家のリスク資産、はじめて5000万円を超えました![2813]エムスリー の失敗がなければもっときれいな右肩上がりの線を描けたのに…という悔しみはありますが、まあ、僕たちはまわり道をしながら成熟していくのだと思うんですよね。急に青少年気取りでごめんなさい、おっさんです。

市場参加者の視線は米国長期金利の動向に熱く注がれていて、株も為替も金利の動きの影響を色濃く受ける状況が継続しました。長期金利を動かすのは、まさしく米国の実態経済や政策です。各種経済指標は堅調な回復を示し、政策としては追加経済対策が成立しました。

長期金利の上昇は、ハイテク・グロース株にはいまのところマイナスの影響が出ていますが、金曜日の米国市場では長期金利が1.6%を超えてもNASDAQの下げは限定的で、市場がだんだんに慣らされてきた感がありますね。

今週の我が家のリスク資産は、ハイテク・グロース銘柄とそれ以外が日替わりで牽引してくれていて、おおきく縮小する日がありませんでした。

2021年3月13日(土)時点の市場概況

この一週間の各指標値の動きは以下のとおりです。

指標値はALLプラス!特に Russell2000 と NYダウ の伸びが強いですね。金利の上昇がある中でNASDAQも+3.09%と堅調でした。

こんな中、我が家のポートフォリオの増減率は+3.43%となりました。一部に債券も含むポートフォリオにしては、上出来だと思います!

2021年3月13日(土)時点の保有資産概況

現在の保有資産の状況とこの一週間の増減率をヒートマップで表しました。

ヒートマップの分類は我が家のリスク資産の分類に合わせています。資産の分類にはもうひとつ「目的別貯蓄」のエリアもありますが、無リスク資産で構成するエリアなので上のヒートマップでは表していません。なお、ヒートマップは自前の簡易ツールで作成しています。

【EXCELでヒートマップ】投資資産の増減率をヒートマップで可視化するツール

は現物の評価額から信用の含み損を差し引いて表現していますが、その結果、図のとおりめっちゃ小さな存在になってしまいました…(´;ω;`)ウッ… 信用取引って怖いですね(今さらw)。

「アクティブ」エリアの一角を除けばほぼ全面的な緑色(評価額増)。すこぶる堅調な一週間でありました。

いちばん気になるNASDAQが金利動向で上げ下げ繰り返していたので、全面的上昇という実感は薄かったのですが、S&P500もNYダウも最高値を更新していたわけですから、こうなりますよね。

値上がり銘柄ピックアップ

[]テスラ が前週末比+16.9%(株価は+16.0%)と反発しました。週末終値基準では、実に5週間ぶりの反発であります(!)。これが本格的な戻しであるか、一時的なリバウンドであるかは、まだ誰にも分かりません。イーロン・マスクは3月6日・7日のツイートで完全自動運転技術のベータ版のダウンロードについてアナウンスしていましたね。テスラについて、僕はEVよりも自動運転技術で期待しています。

 が前週末比+9.3%と急騰しています。全個体電池・5G関連半導体・自動車関連…と凄い期待がかかっているのに加えて、アンニモニア関連…?という思惑も働いていたかも知れません。

が前週末比+8.6%?!ふぁ?!ww 確かに…、いま見たら、含み損がほぼ一掃されていました!! 何か起きたのか?と思ってIRやニュースを確認しても特に無く…。どうやら株価がコロナ・ショック時の安値水準まできた反発ということのようですね、ん・が・ぐ!

値下がり銘柄ピックアップ

[2413]エムスリー は前週末比-3.2%(信用取引の含み損を足した評価額減は-32.3%(壮絶w))でした。証券会社の目標株価引き下げを契機にして再度売りが加速しました。株価は前週末比-10.5%超の7,143円まで売り込まれましたが、そこから急速に反発、週末終値7,727円まで戻しています。

 は前週末比-2.6%、 は同-1.5%とふるわず。

昨年のいま頃

昨年のいまごろってどんなポートフォリオだったっけ…?と過去のブログ記事を確認したら、昨年のいまごろの壮絶なヒートマップと再会しました。分散とか一切救いにならない下げでしたね。あゝ辛かったねェ、苦しかったねェ。

今週の売買記録

今週の売買はありませんでした。

これからの資産運用展望

毎月の積み立てを淡々と継続します。

[2413]エムスリー は先週までも繰り返し反省していたのに、今週さらにスケベLを追加して被弾するという間抜けな目に逢っています。エムスリーの信用取引については、取引と損益の経過を僕の心情とともにブログ記事にして、きちんと記録しておこうと思います。

以上、今週の記録でした!

2021年評価額推移カテゴリの最新記事