2021年3月6日(土)時点のリスク資産評価額、甘々ラブラブ⇒激しく酷い仕打ち⇒そして救済…というDV調教を市場から受ける日々。

2021年3月6日(土)時点のリスク資産評価額、甘々ラブラブ⇒激しく酷い仕打ち⇒そして救済…というDV調教を市場から受ける日々。

仕事が忙しいです。身体動かすより・手を動かすより・今回は頭を動かす忙しさなので、傍目にはぼんやりしているだけと見えるかも知れませんし、実際まだ何もアウトプットがありません。嫁には「さぼってるの?」と言われました。いや忙しい、忙しいんだよ…w

滋養をとって英気を養うためにも鴨肉を食してきました。(゚д゚)ウマー。

さて、このブログでは、我が家のリスク資産の動きを毎週末に記録しています。後々になって「あのときの状況」「あのときの思考」を辿ることができるよう、ログのようなものです。今週も淡々とリスク資産の動きを記録していきます。

 
 

2021年3月6日(土)時点のリスク資産評価額

2021年3月6日(土)時点のリスク資産の評価額は4868万円でした。評価額は前週末比で+50.2(+1.04%)です。

評価損益の増減は前週末比で+37.4万円(+0.78%)。新たに16.3万円の資金を注入していて、2月配当金の一部を出金(生活還元)してます。その合計が+50.2万円になります。

前週末に大幅に下げていたこと、米長期金利に落ち着きが見られたこともあって週前半はおかねが増えました。株彼氏との甘々ラブラブ状態

でも米長期金利が再び急騰しだすとハイテクグロース株が売られて再び急落。金利起因のこうした市場の動きを見つつも、パウエルFRB議長は「金融政策は適切」と切り捨てたことでさらに下落しました。なによこのDV株彼氏

金曜日の米国雇用統計は大変強い内容で米長期金利はさらに急騰、日本時間の深夜にはハイテクグロース株・新興株にフラッシュ・クラッシュのような強烈な下げがありました。NASDAQは一時-2.6%の下落、[TSLA]テスラ に至っては一時-13.2%という強烈な売りがありました。嗚呼ツラい、この下げはツラい…もうこのDV株彼氏我慢できない…と頬を涙で濡らしつつ、鼻ほじりながら スヤァ…( ˘ω˘ )…と眠って起きたら…、NYダウもS&P500もNASDAQも、[TSLA]テスラ もまあまあ戻していました。あっれー?

金利をめぐる神経質な値動きは、まだしばらく続きそうですね。

2021年3月6日(土)時点の市場概況

この一週間の各指標値の動きは以下のとおりです。

へえ…NYダウとS&P500はプラスだったんだあ…と意外でした。TOPIXもプラスだったのですね。

10年債利回りは+6.44%の1.55%で一週間を終え、この急騰を受けてNASDAQとマザーズの下げが酷かったです。

いっぽうで USD/JPY はスルスルと騰がっていて108.25円で終わりました。円換算ではドル高の恩恵が得られています。

さてこんな中、我が家のポートフォリオの増減率は+0.78%となりました。マイナスだろうと思っていたのですが、プラスでした。最終日の米国市場に救われた感があるので、安心はできませんけれど。

2021年3月6日(土)時点の保有資産概況

現在の保有資産の状況とこの一週間の増減率をヒートマップで表しました。

ヒートマップの分類は我が家のリスク資産の分類に合わせています。資産の分類にはもうひとつ「目的別貯蓄」のエリアもありますが、無リスク資産で構成するエリアなので上のヒートマップでは表していません。なお、ヒートマップは自前の簡易ツールで作成しています。

【EXCELでヒートマップ】投資資産の増減率をヒートマップで可視化するツール

セクター・ローテーションによって [TSLA]テスラ、[2413]エムスリー などの評価額が続落するいっぽう、主に高配当銘柄で構成する「毎月配当」エリアには緑色(評価額増)が目立ちます。

また 、[9873]日本KFC などが騰がり、ホテル系リートが落ちているのは、1都3県の緊急事態宣言延長・出口の不確実性が増したためと思われます。

[]オートデスク と高配当ETFの中で出遅れている []米国高配当株式ETF を1株ずつ買い増し。[2413]エムスリー は信用買いの含み損も合算しているのでますます面積が小さくなってしまいました。

値上がり銘柄ピックアップ

[7839]SHOEI が前週末比+8.6%、[8113]ユニ・チャーム が同+7.8%と強く反発しました。前週の急落を半値ほど戻した格好です。コロナ特需銘柄として見られている節があるので、前週のセクター・ローテでおおいに売られて、今週の緊急事態宣言延長で戻した…?のかも知れませんし、単なる急落の底打ちかも知れませんし、ちょっと分かりません。

[DVY]米国好配当株式ETF が前週末比+6.8%の増(株価は+5.0%)となりました。前年末からの株価は+14.7%と堅調です。

値下がり銘柄ピックアップ

[TSLA]テスラ は前週末比-9.9%(株価は-11.5%)と2週連続で値下がり銘柄のトップとなりました。今まで急上昇していたぶん下げも酷いですね。キャシー・ウッド率いるアーク社のETFが売られればテスラが売られ、テスラが売られれアーク社のETFも値が落ちて売られるというDEATHスパイラル感があって初めて見る事象をどんよりした目で見つめています。

は前週末比-5.4%と反落。まあまだコロナ収束もしていないのに騰がりすぎていましたよね。緊急事態宣言の延長が素直に株価に影響したものと見ています。

[2413]エムスリー が信用取引の含み損合算で前週末比-38.5%と死ぬるw 純粋な株価も-5.2%とまだ落ち着きどころを見つけられていなさそうです。これ参ったなぁ…笑

今週の売買記録

つみたてNISAの定期買い付けの他に、以下の買い増しを行っています。

ADSK を1株買い増し

前週の売買で残った中途半端なおかねがあったので、週後半のきっつい下げの中で [ADSK]オートデスク を1株だけ買い増しました。

これで同銘柄の保有株数は39株、評価額は約112万円となりました。

HDV を1株買い増し

同じく、余ったおかねで [HDV]米国高配当株式ETF を1口だけ買い増しました。

これで同銘柄の保有口数は212口、評価額は約213万円となりました。

[]S&P500連動ETF を積み立て

毎月13万円ずつ積み立てています。今週終盤を買い場と捉えて、早々に積み立てを実行しました。44口を買い増しました。

これで保有口数は1,196口、評価額は約348万円となりました。

これからの資産運用展望

手動の積み立ても実行しましたし、余力はもうありませんし、相場を見つめているしかありません。

余力を作るために何かしら手放すことを考えるのもアリですが、これからの経済回復を織り込みつつあるさ中にガチャガチャいじるのも上手くいく気がしないので、少なくとも1-3月期の決算を見るまでは、基本は放置でいきます。

暴落にちかい下落を味わっている [TSLA]テスラ は長期で見ているので継続保有です。暴落味わう前に暴騰も味わっているのでまだ痛みはありません。これからです(えええ…)。

[2413]エムスリー の信用買いはほんとうにしくじったなぁ…。そして容易に損切りできない甘さもまったく成長していませんなあ…。もうこれ塩漬けでしょ(えええええ…)。

以上、今週の記録でした!

2021年評価額推移カテゴリの最新記事