2021年5月22日(土)時点のリスク資産評価額、ガッキーショックは仮想通貨市場を破壊し株式市場を護った?!我が家のリスク資産も新垣さんに護られたのかも。と思うと愛おしい。

2021年5月22日(土)時点のリスク資産評価額、ガッキーショックは仮想通貨市場を破壊し株式市場を護った?!我が家のリスク資産も新垣さんに護られたのかも。と思うと愛おしい。

こんにちは、千鳥足です。

新垣結衣さんと星野源さんが結婚を発表しました。おめでとうございます!

新垣さん、たぶん私生活はめっちゃテンション低い生活してそうな気がするんですけど、星野源さんはそんな低テンションの輩にも「ふふっ」て柔らかな笑いを添えてくれそな男性に思えて、まあ要するにお似合いだと思います

市場が危惧した「ガッキーショック」は不発に終わりましたが、仮想通貨市場を破壊するパワーではありました。あるいは数ヵ月後「実はこれ偽装婚でしたー★」とか言って株式市場を壊滅させるかも知れないので、まだ警戒が必要ですね。警戒たってどう警戒すればいいのか知らんけど。

さて、このブログでは、我が家のリスク資産の動きを毎週末に記録しています。後々になって「あのときの状況」「あのときの感情」を辿ることができるよう、ログのようなものです。今週も淡々とリスク資産の動きを記録していきます。

 
 

2021年5月22日(土)時点のリスク資産評価額

2021年5月22日(土)時点のリスク資産の評価額は5124万円でした。資産評価額は前週末比で-0.5万円(-0.01%)と横這いでした。

新たに嫁のつみたてNISA積み立て用に3.2万円の資金を注入しました。生活還元の出金はありません。新規注入分を差し引くと、評価損益の増減は前週末比で-3.7万円(-0.07%)でありました。

今週はなんと言っても5月19日(水)のビットコインを始めとする仮想通貨の急落が印象深いです。イーロン・マスクの発言に翻弄されたとか、サイバー攻撃の身代金支払いにビットコインが使用され規制当局の介入が間近とか、あるいは、新垣結衣さんと星野源さんが結婚を発表したからとか、原因は諸説ありますが仮想通貨が急落しました。

引きずられて [TSLA]テスラ を始めNASDAQ銘柄が急落、けれど日本時間の20日(木)朝にはだいぶ値を戻して収まる…という一幕がありました。

嗚呼このまま5000万円割っちゃうのかな…としょんぼりしていましたが、後半は強く・底堅かったですね。

2021年5月22日(土)時点の市場概況

この一週間の各指標値の動きは以下のとおりです。

米国市場は方向感無くNYダウとS&P500は続落。これまで下げがきつかったNASDAQは少しだけ反発しました。

前週まで売られまくった国内市場はいずれの指数も揃って反発。ただ、マザーズとJREITは強めの反発ですが、ほか指数の戻りは弱いです。

そんな中、我が家のポートフォリオの増減率は-0.07% とほぼ横這いでした。

2021年5月22日(土)時点の保有資産概況

現在の保有資産の状況とこの一週間の増減率をヒートマップで表しました。

ヒートマップの分類は我が家のリスク資産の分類に合わせています。資産の分類にはもうひとつ「目的別貯蓄」のエリアもありますが、無リスク資産で構成するエリアなので上のヒートマップでは表していません。なお、ヒートマップは自前の簡易ツールで作成しています。

【EXCELでヒートマップ】投資資産の増減率をヒートマップで可視化するツール

米国・国内の各種指数の動きのとおり、米国株がふるわず赤色(評価額減)基調、国内株がまちまち&やや強めで緑色(評価額増)が多めに見えます。

ちなみに、右上の [2413]エムスリー は、信用取引の含み損が現物の評価額を喰い潰してしまったので、このように表現しています。今週はほんの少しだけ含み損が減りました…シアワセ…。

値上がり銘柄ピックアップ

 が前週末比+5.3%と値上がり率トップです。前週に発表した1Q決算が好感されて、株価は1ヵ月以上ぶりに4,500円台を回復しました。1Q経常利益は前期比で+22.6%と大幅増、前期はコロナ禍初動だからってことでじゃあ前々期比を見ると+63.4%という物凄い伸びなのです。昨秋以降厳しく売られてきた本銘柄、ここで潮目が替わると良いのですけれども。

 が前週末比+4.6%。特に騰がる材料はありませんが、5月末決算が近いので分配金取りの買いが入っているのかも知れません。

 が前週末比+4.6%と反発。こちらも特に材料はありません。半期決算発表のあと売られていましたが、早々に4,000円台に復帰しました。まあお買い得なタイミングでしたよね。

値下がり銘柄ピックアップ

 が前週末比-5.4%の急落。決算発表後に急落しました。とはいえ発表内容は悪くなく、むしろ個人的には好感しているので、そう遠くない時期に見直しの買いが入るだろうと思います。

 が前週末比-4.2%と続急落。決算発表後は騰がっていましたが、タイミング的には米国住宅着工件数が予想を下回ったあたりから下落しています。

 が前週末比-2.6%と続落。決算発表後の売りからまだ解放されていません。

今週の売買記録

つみたてNISAの買い付け以外、今週の売買はありませんでした。

今のお気持ちと今後の資産運用展望

5月19日(水)の米国市場の急落には少々気持ちが暗くなりましたが、たまたま新垣結衣さんと星野源さんの結婚発表が重なって、「まあこれで超絶下落して『ガッキーショック』と呼べるのならそれもまた楽しいかぁ…フフ…」などと眠りについたらだいぶ戻していて、翌20日(木)の国内市場も底堅くて不思議な気持ちになりました。

きっとあれは、ガッキーが救ってくれたのに違いない。ガッキーの幸せが負の力を弾き飛ばし、株式市場から暗雲を取り払ってくれたのです。ガッキーありがとう!

さて、[2413]エムスリー の信用取引の後始末(返売あるいは現引きのプラン)を考えなくちゃと思いながらも、仕事の忙しさにかまけて何も検討できていません。よおし来週こそ検討を進めるぞお…(棒読み)。まあ、いずれにせよ執行はもう少し先なので、のんびり鬱々検討しようと思います。

以上、今週の記録でした!

2021年評価額推移カテゴリの最新記事