CATEGORY 2020年評価額推移

2020年2月29日(土)時点のリスク資産評価額、くぁwせdrftgyふじこlp!!! 一週間で460万円おかねが溶けたよ ^-^

いやあしんどい相場になってきましたね。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が止まりません。中国国内ではやや落ち着きを見せ始めたものの、南極大陸をのぞく全大陸に拡散して猛威を振るっています。 まあ「猛威」と云うほどには、例えばインフルエンザ等のほかの感染症と較べて死者が多いわけではありません。ただ、未知のウイルスでありその感染拡大の規模も世界経済への影響度合いも未知数で、こと株式相場に関して言えば […]

  • 2020.02.23

2020年2月22日(土)時点のリスク資産評価額、値下がり銘柄多数もドル円の急速な上昇に支えられ+25.5万円。今後の見通しは怪し。

新型コロナウイルスは中国国内はおろか周辺各国およびその他の国においても充分な歯止めがかからず、拡大の一途を辿っていて、経済への影響がかなりおおきなものになる印象がありますね。 国内では大企業がテレワークを急遽推進するなど民間による自助努力が目立つようになりました。折角のウイルス騒ぎですから、これをきっかけにテレワークの定着・東京一極集中の解消・満員電車の解消などに政治と民間が歩調を合わせられると良 […]

2020年2月15日(土)時点のリスク資産評価額、国内株↓米国株↑で評価損益は横這い。怖いもの見たさの日産1単元が見えないほどに小さくなるw

前週の株価回復には、新型コロナウイルスへの懸念後退は早すぎるのでは…?と云う印象を持ちましたが、やはり再び懸念が強まりつつありますね。 中国での感染者・死亡者は歯止めがかからず、さらに日本国内への感染拡大も懸念が強まっています。日本国内での感染拡大に歯止めがかけられなくなるようだと、国内の経済活動に影響があるばかりか、最悪各国との空路封鎖などが発生して市場が大ダメージを受ける可能性もありますね。い […]

2020年2月8日(土)時点のリスク資産評価額、センチメント急旋回の株価上昇で評価損益+93万円(・ω・)コロナショック追撃ならず…切り替わり早すぎん?w

株を始めた当初に驚き、どうにも理解できなかったのは、「センチメントの変化の早さ」でした。 センチメントが反転する要因なんて何も無いのに、「懸念が緩和」「懸念高まる」が目まぐるしく入れ替わって、えええー何で?ってなっていました。いまでもそういうことが多々あります。僕の中のセンチメントはまるで切り替わっていないのに世間のセンチメントは目まぐるしく変化しやがり、置いてけぼりを喰らわせられる。躁鬱の変化激 […]

2020年2月1日(土)時点のリスク資産評価額、前週比で80万超減りました。まだまだこれから (´、ゝ`) フッ ですよね。

愛する嫁が手術のために入院し、手術を受けました。術後の経過はおおむね順調ではあるものの、継続して慌ただしく過ごしています。 中国湖北省武漢市発の新型コロナウイルスの感染は一層の拡がりを見せています。遅きに失した感はありますが、WHO が「緊急事態」を宣言しました。すでに多くの国が国境閉鎖や航空便キャンセルの対策を取っている中、WHO は「宣言する主な理由は、中国での発生ではなく、他の国々で発生して […]

2020年1月25日(土)時点のリスク資産評価額、新型コロナウイルス感染拡大で相場はシュン。今後の動向を注視!!

相変わらず家庭が慌ただしいのですが、主に心の中の慌ただしさなので、表向きはのんびり過ごしています。 中国湖北省武漢市発の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、滅多にマスクを着用しないわたくし千鳥足も通勤電車の中ではマスクを着用するようになりました。でもインフルエンザの予防接種は受けていない矛盾。不届き者ですね。 さて、そんなふうに世界は動き、相場は動いています。日々の値動きを気にしすぎるのは良くな […]

2020年1月18日(土)時点のリスク資産評価額、保有する国内株がいくつかキツ~く下落も米国株堅調で+0.95%。

仕事始めから2週間経ち、仕事に家庭に慌ただしい出来事が増えています。 そんな中でも世界は動き、相場は動いています。日々の値動きを気にしすぎるのは良くないことだと承知していますが、わたくし千鳥足のような投資初心者は、世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのかを把握することが重要だと考えています。そのために、毎週のリスク資産評価額の推移を記録しています。 2020年1月18日(土)時点のリ […]

2020年1月11日(土)時点のリスク資産評価額、微増スタート!! 本年もよろしくお願いいたします。

毎週末のリスク資産記録、2020年はもうやめようかなあ…と云う思いも交錯していたのですが、ひとまず続けることにしました。 ひとつには当初の考えのとおり、わたくし千鳥足のような投資初心者は世界の政治・経済の動きが市場にどういう影響を及ぼすのか把握することが重要と云う思いがあります。もうひとつは、2019年の年間の資産推移を確認したとき、毎週の記録が個人的には思いのほか役立ちかつ面白かったからです。 […]