2021年3月 月次運用レポート、エムスリーの含み損たくさんあるのに、おかねが273万も増えた良き春でした★

2021年3月 月次運用レポート、エムスリーの含み損たくさんあるのに、おかねが273万も増えた良き春でした★

どうもどうも、こんにちは、千鳥足です。

年度末・年度始めと、仕事がすごく忙しいです。ほんの数年前までなら、こんなときには、休出も徹夜もしてこなしていたものですが、仕事以外の時間も大切にするようになって、時間にメリハリ付けてこなそうと思うと、いやーなかなか捗らない。物事の決断が遅く&ゆるくなりがちな自分に、才能の無さを感じたりしますね。

まあそれはさておき、2021年3月のリスク資産の運用実績を確認しましょう。

この記事では、2021年3月のリスク資産月次運用報告を整理します。

 
 

2021年3月末時点 我が家のリスク資産

リスク資産評価額の推移

2021年3月末時点のリスク資産評価額は5091万円でした。前月末時点では4818万円だったので、前月末対比で273万円の増であります。

リスク資産評価額5091万円の内訳は、原資4163万(前月比+25万)、含み益928万(前月比+248万)です。

 

3月末時点で5000万を突破しました。
信用買いしたエムスリーの含み損…、というストレスを抱えていたので、
我が家のリスク資産が増えている認識が薄かったのですが、
わりと素晴らしく増えていました!ありがとうございます!

リスク資産評価額の変動要素

2021年3月のリスク資産評価額の変動要素を簡単にまとめました。

3月は新たに25万円の資金を注入しました。評価損益は+252万円と堅調。そして2月の配当収入の一部である3万円を旅行貯蓄に充てるため出金(利益の生活還元)しています。

差し引きして、リスク資産は273万円の増でした。

資金注入の額がいつもより若干多いのは、
2月のつみたてNISAの受渡がずれ込んで、
3月に入金額が反映されたためです。
それにしても月間で損益が+252万というのは気持ちイイですね!

生活還元を含む損益の推移

我が家では、「含み損益」は保有株の含み損益合計ではなく、「リスク資産全体の評価額-(リスク資産口座に注入した)原資」で数えています。「株式の売買で得た確定損益」と「保有株式の含み損益」は区別せず、リスク資産口座の中に留めている損益(原資との差額)を「含み損益」と見做します。利益の出金(生活還元)こそが「確定利益」と云う考えですね。

この考えに基づくと、リスク資産口座から配当所得等の利益を出金(生活還元)した途端に「含み益」が減ることになりますが、資産運用した成果としての累積利益には数えたいので数えます。出金(生活還元)した「確定利益」を含めた損益の推移は以下のとおりです。

2021年3月末時点では「含み益928万円+確定利益245万円=合計損益+1173万円となりました。これが投資を始めて以来の利益になります。1千万円を始めて越えました。

なお、原資4163万円に対する合計損益+1173万円の損益率は+28.17%です。

 

前月末時点で、増えすぎて居心地悪いから調整がくるかも…
頭悪いけど「個人の感想」としては分からんでもない発言をしていたのですが、
調整はあってもほんのわずかで、市場は至極堅調でしたねw
投資を始めて以来の利益が、1千万円を初めて越えました!イエイイエイ!

2021年3月の市況概況

2021年3月、米国市場・国内市場の各指標値の動きはおおむね良好でした。

全般には堅調と言って良い月でしたが、各指標値にはばらつきがあります。

まず NASDAQ は前月に引き続き低調、Russell2000 も前月までの強さが弱まり、強かったNYダウとS&P500の後塵を拝する騰落率となりました。

国内市場においては TOPIX と JREIT が強かったです。いっぽう日経平均は弱かったです。日銀のETF買付方針変更で見放されたことが影響しています。一時は28,000円割れも危ぶまれる状態でしたが、月末に向けて再び30,000円台を窺える位置まで戻しました。

 

注目すべきは米国10年債利回りの月間+19.59%という急騰でしょうか。
2月末時点では1.46%だった米国10年債利回りは、
3月末には1.75%まで急騰しています。
それでも株式市場はだいぶ落ち着きを取り戻してきましたね。

2021年3月 保有リスク資産の概況

リスク資産評価額の月間推移

リスク資産評価額の日々の推移は以下のとおりです。

前月末4818万円からスタートして、割りと強めな縮小もありましたが、最後は5000万円を超えて月末を迎えました。

グラフ中に置いた1~6付近の動きについてイベントを整理しました。

  グラフ中のイベント 

  1. 米国長期金利の急騰・急落による株価乱高下 🔗
  2. 米国追加経済対策決定、国内市場メジャーSQ通過し買い戻し 🔗
  3. FOMCゼロ金利長期化を明言、ワクチン普及経済回復期待 🔗
  4. 日銀ETF買付方針の変更、米国のSLRの終了がテーパリングの端緒と見られる 🔗
  5. 米国3兆ドルのインフラ投資を発表&ワクチン接種加速 🔗
  6. 米国長期金利の落ち着き、ハイテク株に資金還流

 

特に後半の伸びは、米国の経済回復と、
回復させるのだという政権の強い意志を感じました。
対して本邦の政治は弱くて、
総合的国力の違いをまざまざと見た思いがします。

保有銘柄の騰落

2021年3月末時点の保有銘柄について、月間の騰落の状況をヒートマップで表しました。米国株式は円換算での評価になります。

全般にきれいな緑色(評価額増)に染まりました。

特に米国市場の個別株・ETFは、為替が円安・ドル高に傾いたこともあって、全銘柄でプラスでした。

オールドエコノミー銘柄とハイテク銘柄と、毎日のように強弱入れ替わる日々でしたが、終わってみればオールドエコノミー強め、ハイテクもそこそこ強め、というふうに、いずれも育った一ヵ月でした。

ただし、国内市場に限っては、日経平均採用銘柄に弱い動きが目立ちますね。日銀のETF買付方針変更の影響が表れています。

なお、買い増しした銘柄には「BUY」のマークを付けています。また、 については、現物の評価額+信用の含み損益(いまのとこ爆損)を評価額としています。

保有銘柄の騰落率、上げのトップ3

2021年3月の月間騰落率、値上がり率トップ3です。

順位 銘柄 騰落率
1 +13.7%
2 []米国好配当株式ETF +13.4%
3 +13.2%

[7839]SHOEI が強かったです。場中5,000まで間近に迫る4,955円まで昇り、4,560円で3月末を迎えました。日足では25日線まで下げて再び上昇を始めたところです。

[DVY]米国好配当株式ETF は、オールドエコノミーの塊のようなETFと認識しています。ETFの株価自体は+8.6%の上昇率ですが、為替の助けもあって+13.4%となりました。

[8001]伊藤忠商事 はさすがの強さですね。

保有銘柄の騰落率、下げのトップ3

2021年3月の月間騰落率、値下がり率トップ3です。

順位 銘柄 騰落率
1 [2413]エムスリー -10.1%
2 -6.3%
3 -3.4%

[2413]エムスリー の弱さは3月も健在(?)、信用買いの含み損は一時-80万に届く勢いでした。4月に入り反転の兆しもありましたが、はてさてこのまま上昇に転じることができるかどうか?

[2801]キッコーマン は特に悪材料も無いのですが、日銀のETF買付方針の変更を発表したのち素直に大幅下落しました。

[8963]インヴィンシブル投資法人 は2月に謎の爆上げをしたあとの小休止、のんびり横にぶらぶらしていましたね。

2021年3月の確定損益

確定利益も再投資してしまえば再び不確定な存在となって、我が家の「リスク資産評価額」の一部にしかなりません。なので「確定」することは重要視はしていませんが、税金はこの確定利益に基づき決まるので、忘れてしまうわけにもいきません。忘れない程度に月イチで整理しています。

項目 2021/3単月 2021年累積
有価証券信用取引 +0円 +46,817円
有価証券現物取引 +0円 +54,739円
配当・分配金所得 +140,039円 +213,571円
雑所得(貸株金利等) +242円 +748円
源泉徴収税 -31,061円 -67,614円
合計 +109,220円 +248,261円

信用取引、現物取引ともに確定損益はありません。

配当は、以下13銘柄から税引前140,039円の収入がありました。

  • [1655]S&P500米国株ETF
  • [1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配ETF
  • [2914]JT
  • [4452]花王
  • [5108]ブリヂストン
  • [6826]クボタ
  • [8113]ユニ・チャーム
  • [8963]インヴィンシブル投資法人
  • [8964]フロンティア不動産投資法人
  • [MSFT]マイクロソフト
  • [SPYD]S&P500高配当株式ETF
  • [V]ビザ
  • [VIG]米国増配株式ETF

源泉徴収された税金を差し引くと、手取り+109,220円の確定損益となりました。

2021年年初来では+248,261円の確定損益となります。

2021年1Q(1~3月)の配当収入!ああぁぁあぁ…前年比で激減している、その理由は?

今後の資産運用方針

特に運用方針に変更は無く、従来どおり4つのエリアに分けて個々に運用していきます。

いまいまやるべきことはあまり無いのと、仕事がしばらく忙しそうなので、淡々とつみたてを行うことが中心となりそうです。

まあ、それでも、信用枠のエムスリーの値動きは毎日気になってしまうでしょうけれど…笑

今後(2021年4月)の資産運用として以下2点だけ方針(?)として掲げます。

  • 毎月21.8万円の積み立てを継続する。
  • エムスリーは毎日DOKI・DOKI楽しむ。
仕事が忙しくてこの週末もだいぶ寝不足であります。
早く新年度のドタバタから解放されたい!そして株株したい!
まあいまいまは、株株するほどのおかねも無いのですけどねw

以上、2021年3月の投資活動のまとめでした。

月次運用報告カテゴリの最新記事